« ほしいまヽ | トップページ | 子供の眼 難問奇問明解 »

夾竹桃

 今年厳冬期から始まった水道管の交換や、ガス管の補修工事などで、道路を掘ったり返したりの表通りの作業が、炎天のもとやっと完了しました。

ブロックのモザイク模様も美しい歩道も整って、バス停留所の周辺もすっきりしました。 、、、が、すっきりしすぎて何やら物足りない感じがするのです。

 それもその筈! バスを待つ炎天下に佇む乗客にとって、オアシスのような日陰を与えてくれた夾竹桃が、道路の掘り返し作業が終了した時点で無情にも取り払われて、一本の街路灯にその場を奪われておりました。

 それまで私は正直言って夾竹桃はあまり好きではありませんでした。

洋の東西には夾竹桃の毒性にまつわる伝説や、実際に日本でも西南の役で、官軍の兵士たちが夾竹桃の茎を箸代りに使って死者を出すほどの中毒をおこしたと云うことを耳にしていたからでした。

 「美しいバラには棘がある」 どころか、夾竹桃が夏の青空を美しく彩る花とは裏腹に、有毒な樹木である事は学校の教育でも聞かされた事はありませんでした。

    排ガスの空へ夾竹桃の紅壮ん

Kyotikuto    透き通るようなデリケートな可愛らしい桃の花に似た夾竹桃も、花は強烈な夏の日差しを存分に浴びて衰えることを知りません。

 インドが原産で、中国を経て江戸時代中期に伝来し、乾燥や大気汚染に強いため道路沿いの並木や、公園、校庭などに植えられておりますが、くれぐれもご注意を!!

 広島原爆投下後、焼け野原に最初に咲いたのが夾竹桃でした。

力強い樹木、美しい花にも猛毒が潜んでいようとは、、、

|

« ほしいまヽ | トップページ | 子供の眼 難問奇問明解 »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

夾竹桃に毒性があるとは、ぜんぜん知りませんでした。まさに、「美しい花にはとげがある」ですね。観賞用には素敵なお花だと思うのですが・・・それにバス停で待つ人々に心地よい日陰も提供してくれていたのですね・・・なんだか寂しいですネ。
先日、あるニュースでアジサイの葉も食すると毒性があると報じていました。これもびっくりでした。大好きな花アジサイゆえにちょっとショックでしたが、植物も自らの命を守るために必死だと思うと、それぞれの特性を知った上で、仲良く共存したいな・・・なんて思います。happy01
いつも、わかりやすい文章でためになるお話をありがとうございます。

投稿: ゆーこりん | 2008年8月18日 (月) 14時04分

♪ ゆーこりんさま

 広島原爆投下後始めて咲いたのが夾竹桃だった事を知った時には子供心に一種の力強さをかんじました。 でも、猛毒の植物と聞いた時にはオドロキでした。 
 小学生時代、学校のプールの際に咲く夾竹桃の木に寄りかかってよく休んでいたことを思い出したのです。 今思い出すとゾっとします。dog

投稿: ぽちより ゆーこりんさま | 2008年8月18日 (月) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/42189940

この記事へのトラックバック一覧です: 夾竹桃:

« ほしいまヽ | トップページ | 子供の眼 難問奇問明解 »