« 「こそ」の二文字の付けどころ | トップページ | ほしいまヽ »

青瓜の「いい加減漬け」

 近郊で採れた新鮮な野菜の引き売りが、 近頃めっきり少なくなりました。 

産地偽装、海外からの輸入、農薬問題等々直接口にする野菜など地産地消が叫ばれている昨今です。

 私の住む家の前に、週2~3回ほど朝採りのシャキシャキとした野菜をリヤカーで売り歩く菅笠のおばさんの姿が見られます。

 四季折々の自慢の野菜たちは、どれもこれも新鮮で野菜本来の味が何とも嬉しく、リヤカーを引く音に、小銭入れを握りしめ、そわそわと待つのです。

Kurouri

 ちょうど今頃は、竹かごいっぱいに 「青瓜」 も積まれてくるのです。

「青うり」は胡瓜の変種で、白うりに比べやわらかで瑞々しく、まくわ瓜とも付かず、甘味が無く果物としては向かないので私好みの漬物にして、かれこれ十年ほど前から楽しんでおります。

   香のもの独りが泰し瓜を剥く

 独り暮らしの気安さから、自分流の大ざっぱな漬け方ですが、夏の食卓には欠かせないほどすっかり定番となりました。

Tukemono  青うり2個は、ピーラーで薄く皮を剥き、縦割りにしスプーンで種を取り除きます。 1cm幅の半月状に切ってポリ袋に千切りのだし昆布適宜と、市販のポン酢をガバガバッと入れ、( こヽが大ざっぱでいい加減なのです ) 隠し味として「トレハロース」大匙1杯を加えるのが私流なのです。

ポリ袋の空気を抜き冷蔵庫で半日もすればいただけますし、4~5日は昆布だしと、微かな甘味のあるポン酢の冷たい漬物が楽しめるのです。

こんないい加減な漬け方でも良い加減の味に調うのです。

 「トレハロース」は最近よく使われている天然の糖質で、瓜のシャキシャキ感も爽やかで、酢との相乗効果が骨密度に効果的とか、、、も小耳にしました。

|

« 「こそ」の二文字の付けどころ | トップページ | ほしいまヽ »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

happy01
ぽち女さんへ
ゆーこりんさんよりブログ2008年版
頂き読ませていただきました。
これから、ブログの仲間入りを少しずつ
していく私にとって、とても参考になりました。
趣味の少ない私には、ちょっと大変かもしれませんが、頑張ります。有難うございました。
青瓜の漬物、早速挑戦してみます。血圧の高い
私には、良いような気がします。
トレハロースを探さなくっては。

投稿: ゆみちやん | 2008年8月 6日 (水) 10時32分

♪ ゆみちゃん
コメントありがとうございます。
自分の投稿したブログが冊子になるなんて、
これもTOKAIパソコン講座受講のおかげです。
ゆーこりん先生のご指導あればこそです。

 変化の乏しい現状では、いつネタ切れになるのか?、、、でも、パソコンってほんとに凄いことをやってくれますね! 講座受講のたびに感動しております。

 トレハロースは松坂屋自然食品売り場にあります。  dog

投稿: ぽちよりゆみちゃんへ | 2008年8月 6日 (水) 11時25分

♪♪ ゆみちゃん 追伸です。
 トレハロースは、用途はいろいろですが、1個650gも入っておりますので、最初はまず売場でサンプルをいただいてお試しください。
サンプル1袋で、1回分の 「いい加減漬け」に丁度いいようですから、、、 dog

投稿: ぽちよりゆみちゃん | 2008年8月 6日 (水) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/42051198

この記事へのトラックバック一覧です: 青瓜の「いい加減漬け」:

« 「こそ」の二文字の付けどころ | トップページ | ほしいまヽ »