« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

念ずれば、、、

 6月28日 嬉しい事がありました!

私の楽しむ音楽コレクションのひとつに、日頃の憂さを晴らしてくれるたった一枚のカセットテープに収められたメキシコの男性歌手 ミハーレス (MIJARES) の素敵な歌声と、メキシコ独特のマリアッチに魅了され続けて十数年が経ちました。

 数年前のこと、市内の有名レコード店でミハーレスのCDを探しましたが見当たらず、是非にと購入予約をしましたが、2ヶ月後残念ながら輸入不可能?で却下されてしまいました。

 先日ネットでの質問で、今では簡単に入手できる知恵を授かり、早速のオーダーで、「28日出荷しました!」 のメールを受信したのです。

嬉しさのあまり、梅雨の中休みもあって、ウキウキ散歩の途中、日おもてに輝くばかりに透き通って咲き誇る 「たちあおい」 をデジカメに収めました。

 「たちあおい」 は、私の住む市の花です。

当地ゆかりの 「あおい」 の名を持つ中でも美しい花です。 背丈は3mほどにもなり、初夏には茎に赤、白、ピンク、黄色など、花は下から上へと咲きつぎ、咲き上った頃には梅雨も上がると云われます。  公園、花壇などに見られ、栽培が易しいらしく、時折アスファルトの割れ目から力強い花を咲かせている光景に出合います。   梅雨時のアジサイにも劣らぬ力強い花なのです。

 念ずれば天にも届く立葵

Dscf0016_2  偶然にもその日の夕方、nhk 「地球ラジオ」のワールドミュージックシーンで、

MIJARES の Maria Bonita と、Palabras de Mujer (女のことば) が流れてきたではありませんか! 思わず夕食もそこそこにラジオの前に立ちすくんで聞き入ったことは云うまでもありません。  念ずれば通ずるものですね。

 ただ今、しとど降る雨の中待ちに待った MIJARES のCDが届きました。

珠玉の Solo 20曲 78分を早速聴くことにしましょう。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャンソンに聞き惚れて、、

 6月22日 日曜日の午後、 当地のとあるホテルのホールで、 

~シャンソンをあなたに~ と題してのコンサートのお招きにあずかりました。

もうすでに60年も経つ中高生時代の一年後輩からです。

 スポットライトに浮かぶ彼女の姿は、妖艶なまでに同年配とは思えぬ程美しく、一編の短いドラマを囁くように歌いあげるあのバイタリティに、誰しも羨望の眼差しで聞き入ったのでした。

 聞けば、彼女は音楽部にも属さない学生時代を送ったのに、秘めた才能はシャンソンによって20年前に目覚め開花したとのこと。

 鬱々過ごすことの多い昨今、歌う事によって輝く余生も悪くは無いとばかり、独り 「ケ・セラセラ」 を口ずさんだ私でした。

 何事も好きこそものゝ、切磋琢磨の修練こそが実を結ぶのでしょう。

 シャンソンに酔ふてあじさい明かりかな

Ajisaiconcert_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

記念誌になったブログ

 この一年思いつくまゝにブログを書き続けている時に、「あなたのブログが一冊から本になります!」 という勧誘が私の心をくすぐりました。  すでにこの齢ではこんなチャンスは二度と出会う筈も無いし、いささかの自分史として食指が動き、清水の舞台から飛び降りる思いで恐るおそる申し込んだのがブログ100回目を投稿した五月八日でした。

 インターネットで、製本仕様をどうするか?諸項目にチェックを入れて申し込み、数日後には「書籍サンプルPDFと見積金額」のメールが届きました。

 あれや、これやの難問希望を述べて五月二十六日に正式依頼の運びとなりました。 

 さぁ!どんなふうに出来上がってくるのでしょうか? 過分な期待と、期待外れの落胆とが交錯しての三週間が過ぎようとした六月十四日の午前中に、ついに届いたのです!

 さすがに 「餅は餅屋」で、私の手作りの冊子とは比べるべくもありません。

美しい、モスグリーンをベースにマーガレットの小花をちりばめた画像で艶のあるすべすべの表紙 (当時のブログ画面のデザインです) と、デジカメながら写真の鮮明さに173ページの中身の文章はさておき、満足の出来栄えです。

ただ、文章と写真画像の挟間に収まる俳句と、画像の説明を指す矢印の方向が、ブログ投稿そのまゝを移行しての工程上のしわざで、妥協せざるを得ない部分もありますが、余生のよい記念誌となりました。

 「本になった私のブログ」 パソコンでこんな事が出来ようとは、、!

やはり 「パソコンは老いを知らない!」 のです。

 梅雨晴れのもと、お独りさま後期高齢者の私の心は齢甲斐も無く弾んでおります。

 梅雨晴れやブログ記念誌うふふのふ!

Book3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

時の日や、、

 インターネットで注文の印刷用紙とインクカートリッジの宅配便が玄関先にドサッと届きました。

 なんとか完成?に漕ぎ着けた「ブログ投稿小冊子」の印刷の開始です。

印刷用紙は古紙再生ながら両面上質インクジェット専用普通紙で、A4サイズ厚さ0.13mm  マットな純白です。  市販では見つける事が困難な私でしたが、インターネットで出会った冊子には恰好の専用紙です。

 プリンターのちょっと面倒な両面印刷の設定など、後期高齢者の私には、打って付けのボケ防止対策になると、135ページの監視に余念がありません。

 今日6月10日は 「時の記念日」 です。  梅雨の中休みとあって、湿度40% プリンターの心地よいリズムがひねもす私をときめかせてくれるのです。

  時の日やリズムせわしきプリンター

Copy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風薫る、、

 完成しました!

 拙いながらも独り善がりの「ブログ小冊子」が試行錯誤のうえ、何とか完成しました。

 ブログでの掲載は、すべて横書きです。

冊子は私個人としては、縦書きとし、フォントは好きな正楷書体に統一しました。

 写真もブログでは内緒の人物画像も差し替えて、もくじ・あとがきまで洒落こんでみました。

 下刷り校正の段階で、文字変換のいたずらも見つかったり、ブログの算用数字を縦書きの漢数字に直したりの手直しをしている間に、、定位置に収まる筈の写真画像がパソコンの仕業で、とんでもない場所に移動してしまったりで、随分手こずった事は云うまでもありませんでした。

 一年間で百話のブログは、A4サイズで両面印刷135ページに収まり、表裏紙含めて1センチの厚さでなんと425グラムとなりました。

   風薫る悲喜こもごもの小冊子  

 Cimg0036

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キー叩く、、

 ブログも回を重ねこの一年の投稿は百回を数え、一息つきました。

振り返れば、いささかの自分史に近いものを感じたのです。

そこで思いついたのが、試行錯誤で挑戦し始めた 「ブログ」 の手作り小冊子です。

 おひとり様の老後の退屈しのぎと、認知症予防には恰好の手遊びと心得て、日がな一日飽きもせずにパソコンに向かうのです。

 さて! どんな小冊子が出来ます事やら、、、?

   キー叩く音を刻みて五月尽

Cimg0029

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »