« 母を読む 自選自解 (四) | トップページ | 新緑に、、 »

母を読む 自選自解 (五) 完

○ 母昇天 

 平成17年9月17日午前9時過ぎ、 母はしずかに昇天しました。        

  その夜の中天には、煌々とした満月が母を導くかのように輝いておりました。 

   図らずもその年は、氏神様の秋祭りでした。

97歳の天寿を全うした母を見送るかのような祭り太鼓の響きは、強烈な印象深い通夜でした。

19日の葬儀の日は、ちょうど母の誕生日に加えてその年は敬老の日でした。

 あれほど「帰りたい!  帰りたい!」 と云っていた母。 それも叶えてあげられなかった不孝を詫び居る日々が続きましたが、私と過ごした六年間を喜んでくれた母。  

 三姉妹の中で、夫の転勤で一番遠隔地に嫁いだ筈の私が、夫亡き後、故郷に戻り激動の世の中を何とか生きる事が出来、二人の娘も嫁ぎました。

平成10年には仕事からも解放され、神様のお取り計らいで晩年の母との暮らしが叶ったことは娘としてありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

      渾沌の母は花野を駆け巡り

      母昇天煌々たる月に導かれ

      母の通夜祭囃子と望の月

      母生れし日は敬老の日に野辺送り

      母の骨拾ひて素風脊を抜けり

      「おとよさま」 とさやかに弔辞賜われり

      葬り了へて母に詫び居る夜長かな

      母逝けり花野に我を残しまゝ

      母逝きて独りとなりぬ月あかり

      十六夜の母よ父に逢へましたか?

|

« 母を読む 自選自解 (四) | トップページ | 新緑に、、 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

 ぽち様へ
 お母様への思いがひしひしと伝わって参りますブログでした。・・・文章も俳句も・・・
 母親への思いは父親より強いものがありますね。私は明日,母の十三回忌の法事で兄弟姉妹が集まり母を偲びます。
 
 体調は如何ですか?ご自愛下さい。

投稿: ライムライト | 2008年5月 9日 (金) 20時12分

♪ ライムライトさま
 コメントありがとうございます。
 昨年5月にブログデビュして1年が経過しました。 週2度の投稿が5月8日でこれも100回目を数えました。  訪問くださったお客様も延べ1万人を超え、愕き、嬉しく、有難く感謝の気持ちでいっぱいです。 有難うございました。
ブログ投稿はまだまだ続けたいと思っておりますが、変化の乏しい日常生活から、どんな話題が飛び出すことか? 今後は不定期投稿になるかも知れません。

 5月の「母の日」にちなみ「母を詠む」の100回目の区切りで、ある施策を考えております。book

 帯状疱疹はやがて2ヶ月経過しますが、1ヶ所に多少の痛みが残ります。、、が、趣味に夢中になって居る時は忘れております。 dog

投稿: ぽち→ライムライトさんへ | 2008年5月10日 (土) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/41131506

この記事へのトラックバック一覧です: 母を読む 自選自解 (五) 完:

« 母を読む 自選自解 (四) | トップページ | 新緑に、、 »