« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~15~ | トップページ | 2000年の老桜 »

中欧4カ国世界遺産の旅 ~16~ 完

○ ドナウ川 ~下~

 カルスト状の割れ目に吸い込まれ、一旦地下に姿を消したドナウが、40kmを経て再び姿を現すなんて、夢を語るにふさわしい現象に思い入れがなおのこと募ります。

 ドナウは、シュヴァルツヴァルトからひたすら東に向かって流れます。  アルプスの山麓から始まって、ライン川は西に流れ大西洋へ、ドナウ川は反対に東に流れ黒海に注ぎます。

ドナウ川とライン川の源流がほぼ近い場所にあるなんて新しい驚きでした。

 ドナウは、東欧・中欧8カ国 (ドイツ・オーストリア・チェコスロヴァキア・ハンガリー・ユーゴスラヴィア・ルーマニア・ブルガリア・ロシア) を全長2840kmと云われますから、ほぼ日本列島の長さに匹敵する長い長い川です。

Donau  ドナウ川に沿う多くの都市にも、それぞれの文化・歴史が刻まれていて、そこに住む人々、また訪れる旅人は、その歴史の重さを感じるのです。

Visyegurado_donaugawa  ヨハン・シュトラウスが 「美しき青きドナウ」 を世に送った1867年頃は、この辺りのドナウ川は現在見られる光景とは随分異なっていたようです。 

 幅5kmに亘って三つの流れに大きく分かれ、そこから更にいくつもの小さな流れが網の目のように広がり、その中に横たわる中洲は岸辺まで欝蒼と茂る緑に覆われていたようです。

   ウィーン少年合唱団の天使の歌声が聞こえてきました!!

 ♪、、、 ドナウよ! かくも青く

        谷や緑野を貫いて

          お前は静かに波打ち 流れ

           我らのウィーンはお前に挨拶する

        銀に輝くお前の帯は 国と国を結びつけ

          お前の美しい岸辺では

            喜びの心が高鳴っている  ♪、、、

 ドナウが流れる各国は、ドナウによって発展し、ドナウ沿岸共和国のようなもの。  平和と共に悠久の青く美しいドナウ川を願ってこの旅を終わります。

|

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~15~ | トップページ | 2000年の老桜 »

旅と俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽち様へ
ドナウ川の「上・下」興味深く楽しく読まさせて頂きました。ドナウ川にもライン川にも素晴しいメロディがありますね,日本の川にはどうでしょうか?
19回に亙るロシア世界遺産の旅、16回に亙る中欧4ヵ国世界遺産の旅の旅行記,素晴しかった!・・・文章も俳句もそして写真も・・・有難う!

投稿: ライムライト | 2008年4月 7日 (月) 21時10分

♪ ライムライトさま
 拙いブログを毎回ご笑覧戴きまして
        ありがとうございました。
また、心温まるコメントをお寄せくださいまして
どんなにか励まされたことでしょう。happy01

 旅の最中では、五・七・五など思うようには詠めません。 帰国してから、頭の中を整理しながら、取り敢えずメモっておいた、出まかせの句?と画像をベースに私なりの旅行記となりました。 dog

投稿: ぽち→ライムライトさんへ | 2008年4月 8日 (火) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/40799570

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧4カ国世界遺産の旅 ~16~ 完:

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~15~ | トップページ | 2000年の老桜 »