« 2000年の老桜 | トップページ | 帯状疱疹 私の場合 -その2- »

帯状疱疹 私の場合 -その1-

 健康が唯一自慢の私がこの三月中旬帯状疱疹に襲われました。shock

発症の場所は胴、顔面、頭、腿、口中など人によって様々ですが、私の場合は左肩甲骨から脇の下を経て左上腕部分 つまり振袖部分に赤い細かな発疹に気が付き、  「スワッ! 一大事!!」   未だ痛みはありませんでしたが、主治医の許へ駆けつけたのでした。

以下○印の説明は、主治医先生と、インターネット検索により纏めてみました。

 ○ 帯状疱疹とはどんな疾患でしょうか?

 一般に帯状疱疹(ヘルペス)は、子供のころ罹病した水ぼうそうのウィルスが、何十年も神経細胞の中で眠っていた後、突然暴れだして起こる病気だそうです。  子供のころ水ぼうそうになった事がある人は、誰でも体の中にこのウィルスを持っているのですから怖いですね。

 私の亡き母も、80歳代で、姉は50歳代、弟は2年半前に罹病しております。また、友人知人、その家族の方など、患った方が余りにも多い事も大変な驚きでした。

 ○ 発症の仕組み

 健康な時は、体の中の神経節の周囲に潜伏している帯状疱疹ウィルスは、体の免疫力が低下する病後、ストレス、加齢などの時に突然暴れだします。

帯状疱疹の場合は、一生に一度発症するだけの人がほとんどですが、最近の研究で免疫不全の場合、再発する人もある事が解ってきました。

 ○ 水疱瘡と帯状疱疹の関係と症状

 水疱瘡・帯状疱疹はその名の通り、幼児期には水痘をおこし、加齢や免疫力が低下したとき再活性化して、このウィルスが神経を通って皮膚に出てくる時に神経に沿って激しい痛みを伴って、赤いプツプツが発生します。 水疱のできる範囲も神経の分布する領域と一致して、体の片側だけに帯状の発疹の配列がみられます。

水泡は、1~2週間増え続け、水泡が破れて潰瘍状になりますが、やがて乾燥してかさぶたとなり、3~4週間ほどで次第に治るようです。

 ○ 治療方法

 軽い場合は、鎮痛剤の内服だけで自然に治癒する場合もあるようですが、ウィルスの増殖を止める特効薬の抗ウィルス剤が開発されていますので、早期に病院に行って治療する事が肝心と云う事を身をもって体験しました。

いづれにしても抗ウィルス剤には、点滴注射、内服薬、塗り薬があるようですが、私の場合は、内服錠剤1日3回を12日分と、患部への塗り薬を処方されました。

 ○ 対症療法

 消炎鎮痛剤で炎症、疼痛の軽減が基本のようですが、激しい痛みを伴う場合は、用法を守っての併用はするべきと思います。

ビタミンB12などの併用もよいと云われます。 帯状疱疹後の神経痛を防ぐポイントは、局所の血流を減少させないことですので、入浴が効果的のようです。

 (引続き、痛みとの付き合い方を4月21日に掲載の予定です)

|

« 2000年の老桜 | トップページ | 帯状疱疹 私の場合 -その2- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽち様へ
その後病状は如何ですか?加齢とともに抵抗力や免疫力が低下し,体調を崩す事は私も八年前の敗血症や今年の長引いた風邪で,体力はあるんだと自負していても加齢には逆らえない事をしみじみ感じました。
無理をせずゆっくり身体を休めて下さい。
ブログの中のぽち様の撮影した写真,一つ一つを拡大して楽しんでおります。針の穴のラクダ等の彫刻,見事ですね。又ドナウ川の写真を拡大し一人悦にいっております。
くれぐれもお身体を大切に。

投稿: ライムライト | 2008年4月14日 (月) 19時01分

♪ ライムライトさま

 心温まるお見舞いのお言葉有難うございます。
ちょうど1ヶ月が経過したところです。
患部のシツコイ疼痛に悩まされましたが、薄紙を
剥がすように、随分らくになりました。   
       ありがとうございます。clover

投稿: ぽち→ライムライトさんへ | 2008年4月15日 (火) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/40875946

この記事へのトラックバック一覧です: 帯状疱疹 私の場合 -その1-:

« 2000年の老桜 | トップページ | 帯状疱疹 私の場合 -その2- »