« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~13~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~15~ »

中欧4カ国世界遺産の旅 ~14~

プラチスラヴァ市内観光  

○ 聖マルティン教会

Sei_maruthin_kyoukai  聖マルティン教会は、14世紀の建物で、聳える塔の高さは85m

11人のハンガリー国王と8人の王女が戴冠式を挙げた由緒ある教会です。

○ プラチスラバ城

Puratisubajyou  四角形の建物の4階に塔があるゴシック様式の城で、テーブルを逆さにしたような外観です。

塔は17世紀にオスマン・トルコの侵入に備えて付け加えられました。

 18世紀には、マリア・テレジアの居城ともなっておりました。

スロバキアの首都、こゝプタチスラヴァは何となく落ち着いたと云いましょうか、大変地味な印象を受けたのは私だけなのでしょうか? 、、しかし、、、、

○ ???

Manhool  これはいったい何の銅像でしょうか?

 はじめて訪れたプラチスラヴァ

5カ国に囲まれて、幾多の激動の時代を乗り越えて、悠久のドナウ川に育まれた中世そのままのお城めぐりの途中、行き交う石畳の側溝間際のマンホールから (何か怪しげな?) 鉄兜のおじさんの像が、道行く人々をのぞいているではありませんか!!  もうビックリです!

 わざと素知らぬ振りをして、愕く私たちの様子を楽しんでいるガイドさんを垣間見た私は、ウイットに富んだガイドさんの笑顔に誘われたのでした。 遊び心いっぱいのヨーロッパならではの銅像でした。

 夕食後、物珍しげに覗いたスーパーマーケットでの買い物は、ホイップクリームの缶でした。 ポケットに残っている小銭を使いきって仕舞う為でした。

 今回の4カ国の旅の難処は、何といっても通貨です。

オーストリアは、EU共通のユーロ 補助通貨はセント、チェコはコルナとハレル

ハンガリーはフォリント  しかも数種類の紙幣、硬貨が、、、、あぁ!もうわからない!!

       異国旅コインかじかむ指で選り

       氷雨の夜おろおろ異国のマーケット

|

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~13~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~15~ »

旅と俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん!
happy01この銅像にはびっくりでした。
すごい遊び心兼芸術ですね。日本では考えられません。でも、ガイドさんの思惑を察してニマニマされているぽちさんを想像して、また、私もニマニマしてしまいました。
これからも楽しくてためになるぽちさんのブログを期待しております!lovely

投稿: ゆーこりん | 2008年3月31日 (月) 14時37分

♪ ゆーこりんさま smile
 歩道にこんな恰好の銅像があるなんて!
ビックリしますよね。
さすがヨーロッパのエスプリ?でしょうか。

 これが日本にあったとしたら 賛否を問うてみたいです。  dog

投稿: ぽちより ゆーこりんさま | 2008年3月31日 (月) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/40699572

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧4カ国世界遺産の旅 ~14~:

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~13~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~15~ »