« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~6~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~8~ »

中欧4カ国世界遺産の旅 ~7~

○ ウィーンでのお楽しみ!

X2  11月の下旬とあって、街のあちこちにはX’マス市が開かれ、X’マスツリーのオーナメントを買い求める親子連れ、若いカップル達で賑わい、その光景が私たち観光客の目を楽しませてくれるのです。

 思いがけず突然激しく舞う雪のX’マス市の風景も、降りしきる雪の舞う様子までもが珍しく、私にとっては夢のような世界で、私たちは少女のようにはしゃいでしまいました。

Torte  ツアーディレクターさんのオプショナルガイドで、1930年時代(アレッ! 私の生まれた頃?) に、トルテ戦争で有名な 「ザッハー ・ トルテ」 を是非ともお土産に、、と、地下道を抜け、凍て道を駆け抜け、雑踏を縫って、コンディトライ・ザッハー と云う老舗で、思い思いのトルテを買い求めたのでした。

 ※ 「トルテ戦争」 とは、ザッハーとデーメルの2軒の菓子老舗の間で、オリジナルを争われたトルテを巡る裁判は、当時の文化人や料理研究家を巻き込んで、10年間も続き、オーストリア法廷闘争の結果、 「トルテは両家とも製造して可。 オリジナルは、双方で決めよ!」 と云うもだったそうです。 いかにもオーストリアらしい戦争です。

 トルテは、たっぷりのチョコレートでコーティングされた円盤状の香り豊かなスポンジケーキで、評判通り舌がとろけるほど美味しかった!!

Klimt  海外旅行で必ずと云っていいほど 「財布」 を買ってしまう変わった趣味? を持つ私はウィーンでもこんな財布を求めました。19世紀末の画家クリムトの絵画をプリントした機能的な財布です。 

 楽聖の街ウィーンでのショッピングに欠かせないものに、何といってもクラシック音楽のCDです。

Cd ① カラヤンのシュトラウス

② シシィ (皇妃エリザベートの愛称)の愛した ウィンナワルツ

  成婚150周年記念収録

   ③ 天使の声  ウィーン少年合唱団の歌声

 このブログを綴っている間もウィンナワルツが流れ、あの時、あの光景が蘇り私の心も華やいでおります。

       X’マス市に折よき小雪舞ひ

       凍て道をトルテ買ふべく逸りけり

       足早に毛皮夫人の行きずりに

       異国旅着ぶくれCD買ひあさり

|

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~6~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~8~ »

旅と俳句」カテゴリの記事

コメント

びっくりです。
ザッハトルテにそんな逸話があったとは・・・。
伝統あるお菓子だったんですね!
知識をもつってことは生活を楽しくしてくれますね。ぽちさんのブログを拝見しているといつもそんな気持ちにさせていただけます。

BGMにノリながらキーボードをたたくぽちさんの姿が目に浮かびます。年下の私が申し上げるのもなんですが、ぽちさんはとってもかわいらしいかたです。wink

投稿: ゆーこりん | 2008年3月 4日 (火) 17時21分

 ♪ ゆーこりんさま
ツアーディレクターさんの後を、着ぶくれた七十路の乙女が、足早に雑踏を搔い潜り、夢中で「ザッハー・トルテ」を買求める姿を想像してみてください。
我ながら微笑ましい姿でした!!
 
 ロシア編の時には、ロシア民謡と宗教歌。トルコ編では、「ミリタリーマーチ」  (以前NHK TVドラマ向田邦子の「阿修羅のごとく」のテーマでお馴染みの曲です) を。
中欧ヨーロッパは何といってもウィンナワルツですね。 その場の情景が蘇ってきますから、、、

投稿: ぽち | 2008年3月 4日 (火) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/40353463

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧4カ国世界遺産の旅 ~7~:

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~6~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~8~ »