« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~9~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~11~ »

中欧4カ国世界遺産の旅 ~10~

○ ハンガリー国立オペラ座

Operaza_2  世界遺産にもなっているアンドラーシ大通りにある 「国立オペラ座」の内部見学ができるなど私にとっては夢のまた夢のことでした。逸る気持ちが抑えきれません。

 黄金と赤の装飾が圧巻のホール!!

正面入り口には、フランツ・リストをはじめ、16体の音楽家像が私たち熱心な見学者を迎えてくれます。    ここで幾多の名曲が奏でられ、多くのファンの心を揺り動かしたかを思うと、わくわくする鼓動を抑える事ができませんでした。

 世界各国から訪れるツーリストにオペラ座のガイドさんは、それぞれの国の小旗を掲げ、おもむろに説明に入ります。

 私たちは玄関入り口でシューズカヴァーを履いて、オペラ座内部の説明にじっくりと耳を傾けるのでした。

 客席フロアー床部分の随所に填め込まれた金属のスノコから、床下のパイプを通しての冷暖房の装置に中世ヨーロッパの繁栄と英知には驚くばかりです。

 3月のイースターには、1階フロアーの座席を全部はずして、舞踏会が開かれるそうです。

   なんと素敵な光景でしょう!!

  おやッ!  ウィンナワルツが聞こえてきましたょ! 

                    ♪、、♪、、♪、、

       馬蹄響きオペラ座凍光のたたずまい

Basya  一歩外に出れば、アンドラーシ大通りを格好良く操る御者に依る馬車のひずめの音も軽やかに、中世さながらにヨーロッパ風景そのものです。

 そんな素敵な雰囲気を いまの私はあの時の余韻に浸っているのです。

       凍て道に客待つ二頭馬車連ね

       凍て道を馬蹄響かす栄華かな

|

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~9~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~11~ »

旅と俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽちさんへ!
中欧4ヵ国世界遺産の旅NO4~NO10.時間を掛けて読まさせて頂きました.樂聖の街「ウイーン」ブタベストの「ドナウ川」私には想像すら出来ませんが羨ましき限り,「凍て空・・・」「悠久の流れ・・・」の二首日記に収めました。
実は2月中旬から1ヶ月風邪をこじらせ病床にありました.残された人生を色々と考えさせられた1ヶ月でした.
桜の開花も間近となりました.サア!元気を出すぞ!!!

投稿: ライムライト | 2008年3月17日 (月) 17時32分

♪ ライムライトさん
風邪を召されたそうで不安な1ヶ月間でしたね。
やっと暖かくなりましたが無理をなさいませんよう
完全治癒を祈ります。

 ウィーンやドナウ川は少女の頃からの憧れでした。
ドナウ川については、何にも知らなかった!! と云う恥ずかしい思いです。後日ドナウ川について触れてみたいと思います。

 

投稿: ぽち→ライムライトさんへ | 2008年3月17日 (月) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/40483020

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧4カ国世界遺産の旅 ~10~:

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~9~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~11~ »