« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~10~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~12~ »

中欧4カ国世界遺産の旅 ~11~

○ ドナウ川 夜のクルージング

 ハンガリーのガイドのコチシュさんより、夜景を楽しむドナウのクルージングができると云う思いがけない提案がありました。

 ドナウ川に特別の思い入れのある私にとっては、最高のチャンスで小躍りして喜んだのでした。

 乗船する前、ひた寄せる川波にそっと手を漬けて、 「あゝ! とうとうドナウに逢えた!!」 云い知れぬ思いに耽る瞬間でした。

Kusaribasiyakei  闇に浮かぶ王宮や、ブダの街の灯が、ドナウの川面に揺れて、くぐり抜ける橋を下から見上げる迫力も中々の見ものです。

ライトアップされた「くさり橋」と 「王宮」のたたずまいは格別で、ブダペストの夜景を優雅に堪能できました。

   なんと贅沢な船遊びでしょう!!

船の中から右に左に次々と現れる名所は、昼間とは全く違う夜のクルージングの醍醐味で、豪華なイヴィニングドレスを纏った貴婦人を彷彿とさせてくれるのです

Naito  ハスクブルク帝国の 「ウィーンに追いつき追い越せ」 と云う願いの結晶となった 「国会議事堂」の夜空に浮かぶその姿には、 思わず目頭が熱くなる思いでした。

 ナイトクルージングは私たち日本の観光客には、お伽の国のような素晴らしい光景で、生涯忘れることはできません。

 ヨハン・シュトラウスの 「美しき青きドナウ」や、 むかしよく聞いた イヴァノウビッチの 「ダニュウブ川のさざ波」 を聞けば、ドナウ川は、美しい緑溢れる大自然の中を、悠々と流れる川を描いておりましたが、このあたりの流れは、大都市近郊の川で、両岸が人工的に改修され大発展されているせいか、その風情は少々思い違った感は否めません。

       川面冴ゆるライトアップのくさり橋

       ライトアップの古城を映す冬ドナウ

|

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~10~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~12~ »

旅と俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/40567029

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧4カ国世界遺産の旅 ~11~:

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~10~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~12~ »