« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~11~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~13~ »

中欧4カ国世界遺産の旅 ~12~

○ ドナウベント地方観光

 ドナウ川きっての景勝地 ドナウベント地方は、ブダペストから中世の香りを色濃く残す芸術の街、センテンドレまでの約30kmを専用バスで、ドナウ川沿いに上流(北)に向かって1時間の処にあります。

地元の人たちもドナウベントを日帰りの小旅行として楽しむ絶好の観光地となっているのだそうです。

○ ドナウの曲がり角  ヴィシェグラード

Visyegurado_donaugawa_2  ドナウ川がほぼ直角に曲がる地点ヴィシェグラードは、山頂の要塞跡から眺めるドナウの曲がり角の眺望は、なんといってもドナウベントの観光の目玉となっております。

14世紀に華やかに栄えた古都でしたが、現在は当時の古跡が残るのみですが、ドナウ川に憧れていた私にとって忘れる事の出来ない素晴らしい眺望でした。

(あゝ! シュトラウスもイヴァノビッチも、こんなにも美しい風景に酔いしれたのだ!!)  共有できた事を満足する私でした。

       冴え返る古都はドナウの曲がり角

○ ハンガリー建国の地  エステルゴム 

 現在もハンガリー・カトリックの中心地であるエステルゴムは、初冬とあって街は、人通りも少なく、中世そのまゝに落ち着いた街でした。

○ 芸術の街 センテンドレ

 1920年代この街にアーチストたちのコロニーが生まれて以来、今では小さな街に幾つもの美術館や、ギャラリーがあり、 「芸術の街」 として観光客が絶えません。

Dscf003522  一般住宅を思わせるこじんまりとしたギャラリーで、愕くべき芸術に出会う事ができました。

 ミクロアート です。

なんと! 針の穴に施されている、椰子の木と陰影のあるピラミッド、4頭のラクダの隊列の金細工です。

Mikro  私たちは代わる代わる、顕微鏡を覗くように、拡大鏡でこの愕くべき芸術に息を呑んだのでした。

       

       冬館ミクロアートに驚嘆す

       冬館針の穴より砂漠景

  六万一千フォリントテーブルクロスや春支度

  (ハンガリーアートのひとつ、ハンドメイドのテーブルクロスを思い切って購入してしまいました。        1フォリント×0.5=1円)

       

|

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~11~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~13~ »

旅と俳句」カテゴリの記事

コメント

ドナウ川の夜のクルージング,川波に手を浸し感激に浸るポチさんの姿を想像しております。私の脳裏に浮かぶのは「ダニュウブ川のさざ波」や「美しき青きドナウ」を聞いての悠々と流れる大河、夢は大切にします.
この後のドナウ川のお話楽しみしています.

投稿: ライムライト | 2008年3月24日 (月) 17時29分

♪ ゆーこりんさま
Windowsメール インスタンスの実行の為のアクシデントは、シャットダウンの後、再実行で解決しました。  お騒がせいたしました!  ぽち

投稿: ゆーこりんさまへぽちより | 2008年3月24日 (月) 18時46分

♪ ライムライトさん

 ドナウ川はいったいどこで生まれ、一滴が悠久の流れとなって幾多の人の夢を運んだことでしょう!!

 ドナウ川について どんな表現で綴りましょうか?

投稿: ぽち→ライムライトさんへ | 2008年3月24日 (月) 18時58分

ぽちさんへ!
ドナウ川と聞くと”我が乗る船は静かにダニュウブ川を分け行く.走れや帆を揚げて...”五十余年前を思い出しながらこの歌詞を口ずさむ私です.
ぽちさんがこの旅で眺め,触れた,そして大感激したドナウ川の総てをお聞かせ戴ければ幸甚です!我儘を申し上げて恐縮です.

投稿: ライムライト | 2008年3月26日 (水) 14時19分

ありがとうございました!
ほっといたしました。happy01
エラーメッセージにはどきどきさせられますよネ!

投稿: ゆーこりん | 2008年3月27日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/40620343

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧4カ国世界遺産の旅 ~12~:

« 中欧4カ国世界遺産の旅 ~11~ | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~13~ »