« スカートからの変身? | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~1~ »

早春の旅

 旅友に誘っていただいて、2月5日、6日総勢17名で、神奈川県箱根強羅と湯河原幕山公園の観梅の旅を楽しみました。

 ここ十年ほど、雪を見る事の無い 駿河の府中に棲む私たち昭和一桁生まれの乙女らは、車窓からの雪景色を眺める眼も初々しく、日頃の煩わしさから解放されたのでした。

Daimonnji  雪が描く 「大」 の文字がくっきりと浮かぶ 標高924mの明星ヶ岳は、毎年八月に行われる箱根強羅祭りの大文字焼きが名物行事です。

思いがけず雪の大文字の眺望はまさに旅の醍醐味です。

Yukigesiki  この二つの画像は、温泉宿の落ち着いた部屋の窓越しに展けた美しさに思わずシャッターに収めました。

     

       湯けむりや遥けし雪の大文字

       雪山の夕映えに浮く 「大」 の文字

       玻璃超しの眺望絶佳や雪景色

Hakonejinjya  

 雪の季節とあって、きゅーんと冴えわたる箱根神社、杉木立の参道には、シャーベット状の融雪に足を奪われながら、参拝客も少なく、雪かきを施された石段を登り、旅の安全と健康を祈りました。

       雪まろく解け杉空へ朱の鳥居

       狛犬の阿吽も雪の綿帽子

       神木のしずもる参道雪明り

       神前へ抜き足差し足雪の苑

Umetubomi_2   湯河原の北部にある 標高626mの幕山の山麓斜面には 4000本の紅梅・白梅が満開時には 「梅の緞帳」 のように咲き乱れ、園内は梅の香りに包まれるそうですが、この処の寒さと雪で、梅の開花も私たち旅行者にちょっと恥ずかしげに、申し訳なさそうに一、二分ほどでしょうか。

 満開時の2月23日から3月9日までは、毎日ライトアップされ、露出した岩肌を背景に灯火のもと、梅林の神秘的な光景が見られることでしょう。

Koubai  

鳶悠々細枝の先の梅一輪

なかんずく古木の梅のいと白き

         老ひてなほときめく旅の梅開く

Siraume_3  

|

« スカートからの変身? | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~1~ »

旅と俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/40036368

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の旅:

« スカートからの変身? | トップページ | 中欧4カ国世界遺産の旅 ~1~ »