« ロシア世界遺産の旅 ~19 完~ | トップページ | ゆず礼賛 »

ゆずのママレード

 思いがけず柚子をたくさんいただきました。

部屋いっぱいに広がる柚子の香り!

ママレードに挑戦してみました。 予想以上の出来栄えと、この美味しさをお伝えしたくて、、、、、!

 

Yuzu_0032  材料  新鮮な柚子    1kg

      グラニュー糖    

         柚子の180%

                     (1800g)

Yuzu_4_001  作り方

 ① ゆずはお湯を使ってブラシで丁寧に洗います。

  無農薬でも丁寧に洗います。

② 実に傷をつけないように皮を剝きます。ゆずは皮も実も柔らかいので優しく、、たとえば、ゆずを地球儀に見立てゝ、赤道線のように皮に軽く切り込みを入れて優しく剥きます。 皮は時々水を変えながら晒し、一日置きます。

Mitanenuki

 ③ 剥いた実は白い筋を取り除き、ひと袋ずつはずして包丁で半分に切りながら種をはずしてボールに入れて冷蔵庫に保存します。  この時点で種は出来るだけ取り除いておけば、後の作業が楽でしょう。

   ※ 種は洗わずに焼酎漬けにすれば肌荒れ用化粧水になりますので捨てないで、、、

Sengirikawa ④ 次の日、水に漬けて置いた皮をもう一度水を変えて、マッチ棒ほどに刻み、更に水に放ち苦味のアク抜きをします。

⑤ 千切りした皮をザルにあげ、種を取り除いておいた実と鍋に移し、ひたひた程度の水を加えてくつくつ煮ます。

焦げやすいので煮立ったら中火にして、木べらで時々底からかき混ぜながら煮ます。 1時間ほどで、実も袋もすっかり溶け、皮も柔らかくなります。  目残しの種が浮き上がってきますので、丹念に取り除いてください。

⑥ 皮が柔らかくなったら、グラニュー糖を加えて、更に焦げに気を付けながら煮詰め、透明感が出てきたら出来上がりです。

  ※  焦げやすいですのでご注意ください。

Yuzu_jyam2  荒熱がとれたら保存ビンなどに移します。

煮詰める時間によって美しい琥珀色の違いがあります。

トーストに美味しいばかりか、

コーヒー・紅茶・ヨーグルトに混ぜれば仄かな香りと甘みでほっとしたひと時が、、、

 熱いお湯で溶いて 「ゆず茶」 として美味しく、体も温まりますので、疲れた時、寒い日などに最適の飲み物となります。

    次回は、 「ゆず礼賛」 をお楽しみください。

|

« ロシア世界遺産の旅 ~19 完~ | トップページ | ゆず礼賛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
昨日は、ママレードをいただき、ありがとうございました。お手製のラベルつきのパッケージもとてもおしゃれでした。
さっそく、アンデルセンでフランスパンを買って帰り、ぽちさん作のママレードをたっぷり塗っていただきました。
すご~くおいしかった!ゆずの風味が生きていますね。
丹念に作ってくださったのがわかります。繊細な味がします。
こんなにいいものをいただいて、幸せです。
「ゆず礼賛」掲載が楽しみです。

ゆずの効能には、私の知らない秘密がいっぱいありそうですね!

投稿: ゆーこりん | 2008年1月29日 (火) 04時37分

♪ ゆーこりんさま
ゆずのママレードをこんなに褒めていただいて嬉しい限りです。 たしかに手間が掛かる工程ですので、私のような暇人にはいいのかも知れません。
 今冬は、実に4回で〆て5kgのゆずママレードを作りました。 回を重ねるごと腕が鳴ります。
 手製のラベルもパソコン講座で教えていただいた賜物です。
   パソコンは老いを知りません!!

投稿: ぽちより  | 2008年1月29日 (火) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/17871060

この記事へのトラックバック一覧です: ゆずのママレード:

« ロシア世界遺産の旅 ~19 完~ | トップページ | ゆず礼賛 »