« 陶芸俳句 ~雑器編~ | トップページ | 28年目のカレンダー »

陶芸俳句 ~透かし彫り編~

つぼすみれ透かし彫りランプシェード

Dobaiue1  陶透かし彫る一心に夜の秋

 野分立つ陶土のもろさうべなふも

 透かし彫りの刃先に光る土の冴え

       作陶の透かしに彫りて月おぼろ

       釉薬をスプレーに掛け霧の中

       窯詰めや腰をたわめてそぞろ寒

       おもむろに窯の蓋閉じ月仰ぐ

       窯詰めを了へてちゝろに我戻す

       窯の蓋閉じて良夜に脊を伸ばす

       虫すだく陶窯の火を止めてより

     

       窯出しの逸る鼓動や秋茜

       窯出しの緋色目に染む秋夕焼け

       窯出しの「ピン!」と産声爽やかに

       たまさかの窯変の妙虹立ちぬ

       窯変の一喜一憂や虎が雨

       秋の灯やランプシェードの影の揺れ

       母看取るランプシェードの秋思かな

       秋深しランプの星座を身ほとりに

Sukasitati

  Sukasipatu

  Syuukaidou  

|

« 陶芸俳句 ~雑器編~ | トップページ | 28年目のカレンダー »

俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽち様
窯だしの瞬間を「ピンと産声」  
素晴らしい表現に感動しました。
どんなに感動的か 経験のない私にも
どきどきする瞬間が伝わってきます。
次号が楽しみです。

投稿: ふじ子 | 2007年10月18日 (木) 21時35分

 ♪ ふじ子さま
相次ぐコメントを寄せていただき有難うございます。
窯出しの瞬間、陶器たちの「ピン! ピン!」という産声は私にとって感動の瞬間でした。

 今回で素人の粘土遊びの投稿は完結させていただき、次回は 再度「28」の完全数にこだわってみます。

投稿: ぽち | 2007年10月19日 (金) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/16793549

この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸俳句 ~透かし彫り編~:

« 陶芸俳句 ~雑器編~ | トップページ | 28年目のカレンダー »