« おばあちゃんは俄か陶芸家? | トップページ | 作品集ー8 »

おばあちゃんは俄か陶芸家? ~完~

 在宅での老々介護の気分転換に、独り善がり かも知れませんが何とか独創的な作陶を模索しておりました。

介護の合間に母は手ロクロ、私は電動ロクロに向って二人して思い思いの粘土遊びを楽しんだことは、姉妹の多い中で唯一私だけの特権でもあったことは、母亡き今では最高の思い出となりました。

        母と居て陶土と遊ぶ青葉光

        母の手の陶土化身の薄暑かな

        作陶や日永楽しむ老母娘

 狭い我が家の片隅に 「マイコン電気窯」を設えたのもちょうどその頃です。

 100gの粘土でどれもこれも吹き出してしまいそうな母の ぐい呑み、豆小鉢、ミニ皿に、さて!どんな釉薬を掛けましょうか?。 と母に問いかけながら、素焼をし、サンドペーパーで表面を整えて、鉄赤釉・天然土灰釉・織部釉・蕎麦釉などとりどりの彩を楽しむことにしました。

 窯出しの朝、予想以上の出来栄えに、(母はそう思ったようです) 子供のように眼を輝かせ、まだ温もりの残る自分の作品を、いとおしむ様に胸に押し頂く母の姿に、安堵の胸を撫で下ろしたのでした。

        窯出しや母は活き活き春光に

        清明や色よく焼けし陶雑器

 Hahanosakuhin

 500個 もの彩とりどりの母手び練りの小作品は、4~5個をセットにして、親戚縁者、友人知人、ご近所に母は自らシルバーカーを押してのお配りを果たしたのでした。

 面映ゆくも得意満面の母の姿  思い出の一コマとなりました。

        母は自作を友に配りて日のうらヽ

        豆飯や母の手び練りいびつ皿

    奇しくも今日9月17日は、母の三回忌です。

|

« おばあちゃんは俄か陶芸家? | トップページ | 作品集ー8 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/16472664

この記事へのトラックバック一覧です: おばあちゃんは俄か陶芸家? ~完~:

« おばあちゃんは俄か陶芸家? | トップページ | 作品集ー8 »