« 手すさび事始め | トップページ | 作品集-2 »

作品集ー1

 貧乏性と云うのでしょうか。

安気な私ですが、「身は常に労すべし 休め過ごすべからず」の人生訓でもありませんが、何か手を動かしていなければ落ち着かない性分のようであります。

亡き母がそうであったように、特別先生に就いてお習ったわけでもありませんが、自己流ながら編み物とかパッチワーク・キルトなど針を動かしていたいのです。

 思い出せば47年前のこと、夫の看病の傍らでひとつ覚えのセーターを編んでは気を紛らわせていた事がありました。

 6年余りの母の介護の間も、手探りながら自己流の手編み・パッチワークで精神の安定を支えた事もありました。

 現在も申すに及ばず、下手な横好きでせっせと編み棒(かぎ針)を操っては、寸暇を惜しんで楽しんでおります。

      籠りゐてレース編む手の飽きもせず

 Kadigantyairojpg

 コットン100%のレース糸  3号かぎ針使用で簡単な長編みだけの透かし編みのカーディガンです。

袖口、襟ぐりからぐるりの縁は細編みでまとめ、ボタン1個のワンポイントのボレロ風に仕上げました。

Resusiro  コットン100%のオフ白のレース糸。 3号かぎ針使用。

長編みのみで編上げ、全体の縁取りは5目の松編みで仕上げました。

インナーでもベストでも、またタンクトップと組み合わせても大変涼しく楽しめます。

 素人の簡単手編みはアンサンブルで着用しても風通しもよく、思っていたほど肌の透かしは気になりません。

激しいお洗濯もネットに入れて簡単に押し洗い、アイロン要らずの便利さで夏はこれに限ります。

今この夏15枚目を製作中です。

|

« 手すさび事始め | トップページ | 作品集-2 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/16175495

この記事へのトラックバック一覧です: 作品集ー1:

« 手すさび事始め | トップページ | 作品集-2 »