« 羽抜鳥ってどんな鳥? | トップページ | トルコの旅日記 ~その1~ »

数字 「28」 が気になる私

 唐突ではありますが、何故か 「28」 という数字が気になります。

中・高生のころ、スポーツには縁遠い私でしたが、ある高校のバスケットボールの観戦で、ユニフォームの背番号28の飛躍的な活動を目のあたりにして以来、妙に 「28」 という数字に不思議な感慨を覚えるようになりました。

 子供の頃から算数・数学は大の苦手で、できれば避けて通りたい学科でした。 この年になっても、数学の試験に悪戦苦闘し、ハット!目の覚める夢をよく見るのです。 

 平成十六年夏の頃、全国の本屋さんが一番読んで欲しい本 「本屋大賞」第一回作品に輝いた 小川洋子著 「博士の愛した数式」 に、この本のキーワードとなっている 「28」 という文字が書かれているだけで、ためらいもなく購入し、難しい数式は飛ばして 「28」 のみにこだわって読み終えました。     この本の博士が云うのに、28は「完全数」 なのです。

 完全数とは、約数の和が同一になる数だそうです。                 28=1+2+4+7+14 このように、約数の和が同一になる数は、6,28、 その次は 469 までは無いのです。 ですから、完全の意味を実際に表現すれば、つまり 「幸運をもたらす数字」 だという事です。

 平成十六年(2004年)アテネオリンピックが開催された時、 「この大会が28回目であり、 28の競技で開催されます。 しかも私は28歳、何だかいい事がありそう!!」 と頼もしいセリフを吐いて、ラッキーな数字を背負って、連覇を果たした柔道の谷亮子選手を思い出します。

 私たちの大事な肌、特に直接外界に接し、様々な刺激に脅かされている表皮は、常に新陳代謝を繰り返していることは誰でも知っていますが、この肌の新陳代謝を 「ターンオーバー」 といって、およそ28日の周期で1ターンします。  私たち女性も出産までの日数は、一ヶ月を28日として計算されているようですので、森羅万象 「28」 は不思議な因果関係をもっている数字なのです。

 博士や谷選手とは比べるべくもありませんが、「28」 を目にした時、わたしは癒しを感じ、なぜがホットした気分になるのです。 私自身28歳で夫を亡くした時、その悲しみの中、再起が蘇り、それから28年目の58歳の時、青天の霹靂を乗り切る幸運を得て、ささやかながら今の自分がある事をしみじみ味わっているのです。

 「28」 という数は、私に再起を促し、幸運を運んでくれる数字のようです。  気が付けば、このブログにデビューした日も偶然 聖五月の28日であることも、幸運の兆しと思えてなりません。

|

« 羽抜鳥ってどんな鳥? | トップページ | トルコの旅日記 ~その1~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

びっくりです!
「28」ってすごい数字なんですね。
ブログ開設日も単なる偶然とは思えません。

私もこの小説を読みました。
博士の純粋で飾り気のない人柄に惹かれ、また、数字って奥が深く、本当に不思議なものなのだなという感慨に浸りましたが、ぽちさんのような身近なお話をお聞きすると、ますますその不思議さに驚きます。

私もしばらく「28」という数字に注目してみたいと思いました。

投稿: ゆーこりん | 2007年6月 4日 (月) 13時49分

♪ゆーこりんさま
拙い私の記事にうれしいコメントをいただき、有り難うございます。 駆け出しのブログ一年生ですが、今後ともご声援いただきますよう、よろしくお願い致します。

投稿: ぽち | 2007年6月 4日 (月) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/15310815

この記事へのトラックバック一覧です: 数字 「28」 が気になる私:

« 羽抜鳥ってどんな鳥? | トップページ | トルコの旅日記 ~その1~ »