« トルコの旅日記 ~その5~ | トップページ | トルコの旅日記 ~その7~ »

トルコの旅日記 ~その6~

 カッパドキア (前編)

 いよいよ私たちは目指すトルコ世界遺産、奇岩群が織りなすカッパドキアへ!!

標高の高いカッパドキアは、3月早春の季節もあって木々の緑はほとんど見当たりません。

Midorikieru 空気も乾燥していて、様々な形をした白っぽい岩々が、波打つように広がる谷は、見る人にいろいろなイメージを膨らませます。 白っぽい岩は疑灰岩で、手で触ればポロポロと崩れ落ちてしまうほど柔らかく、風雨に浸食され易く、自然の摂理によって日々変化するのでしょうか。

Kyodaikinokoiwa  眼前にアッ!!と驚く光景は、絵はがきなどでよく目にする巨大なキノコ岩が点在する谷間。 まさかこんなに大きなものとは思ってもいませんでした。 超然と聳え、自然のままの荒々しい姿は見る人の心を捕らえて止みません。 岩が織りなすダイナミックな大パノラマに、まるで別世界に迷い込んだような、不思議な空間に我を忘れてしばし茫然と立ちすくんでしまうのです。

          啓蟄や眼前に巨大キノコ岩

Rakudajpg 観光客相手のラクダものんびりと、私たちを迎えてくれました。 遠くには、本物のラクダが寝そべっているような形の何ともユーモラスな岩も自然の遺物として、観光客を楽しませております。    

旅友の一句                                                            春空やラクダの背に二人乗り   愛子

Rakudaiwajpg_1   奇岩群らくだ笑へば山笑ふ

  遠霞み眠気を誘ふラクダ岩

       世界遺産の奇岩にらくだの眼のうらゝ

|

« トルコの旅日記 ~その5~ | トップページ | トルコの旅日記 ~その7~ »

旅と俳句」カテゴリの記事

コメント

自然は最高の芸術家ですね。
お写真に感動しました。
私も、将来もっともっと世界に視野を広げたいと思います。
旅先で詠まれる歌・・・本当に素敵ですね。

投稿: ゆーこりん | 2007年6月16日 (土) 06時48分

♪ ゆーこりんさま
ご覧いただきまして嬉しいです。
奇跡の自然美に驚きと感動の旅を、ご披露したくて・・・
デジカメ初心者でも、トルコブルーの青空とのコントラストも素晴らしい画像になりました。 パソコンには威力がありますね。

投稿: ぽち | 2007年6月16日 (土) 08時19分

トルコの世界遺産カッパドキアに辿りつきましたね。
ラクダの奇岩とそれに合わせたような老いたラクダの二人乗りの写真との対比がおもしろかったです。
さりげなく自然に対する驚きを句に詠みこまれる技量にほとほと感心致しました。次回も楽しみにしております。

投稿: 正女 | 2007年6月16日 (土) 08時24分

♪ 正女 さま
いただくコメントに勇気付けられます。 ありがとうございます。 らくだの二人は、逆光でお顔がはっきり判りませんので、勇姿?だけは判って上げて下さい。
次回は、まだまだカッパドキアの観光が続きます。

投稿: ぽち | 2007年6月16日 (土) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/15440005

この記事へのトラックバック一覧です: トルコの旅日記 ~その6~:

« トルコの旅日記 ~その5~ | トップページ | トルコの旅日記 ~その7~ »