敬老の日雑感

 朝8時 自治会長さんが「おめでとうございます」と、ずしっと重い包みを届けてくださいました。
00000806_photo2

学区自治連合会から「敬老」の日 祝のお弁当に紅白饅頭やお菓子等 ひ孫の
ような小学生からの可愛いお祝いメッセージを添えた 心あたたまる贈り物です。
1278620592553f36417cb7e582121451
  「今年私達町内で 生存されていらっしゃる高齢女性は 4組のYさん、1組のH子さん 次が貴女です。 おめでとうございます。
 これからもお怪我のないよう長生きしてください」 
  
えッ?  私が?」
 町内約80戸 推定人員200人余、内半数が女性100余人として、私が高齢女性生存者3人目とは! まさか! まさか!
いつの間にこんな歳になってしまったのかしら? いつの間に、、、
 
 お二人とも息子さんご夫婦やお孫さんと同居されての暮らしです。

 親子孫三世代の大家族構成で 幼い頃から年寄りを敬まいながら育った私たち昭和一桁世代にとって 近頃実子家族と同居生活の中でも 独り居での孤独よりも 言い知れぬ孤独感を余儀なくされていられる方があまりにも多いと聞きます。

 夫に先立たれて早56年が経ってしまいました。
当時4歳と1歳だった二人の娘も夫々嫁いで幸せそうな四半世紀余りが経ちました。
以来独り暮らしの私は 家族に守られ助けられながらの友人を羨ましくも思っておりましたが
 「独りが良いよ~、、、」と吐露する声が頻々と聞こえてまいります。 
 寂しい時代になりました。

 人生100年時代、長過ぎる老後をどう備えれば良いのでしょうか?
「独りが良いよ~」と云われても、押し寄せる不安や孤独にどう立ち向かったら良いのでしょうか?

 余儀なく独居にせよ 三世代同居にせよ 若い時には考えもしなかった自立して安楽な余生の暮らし方を 50歳代~60歳代で見つけることが出来れば 少なからず孤独を克服できるかもしれません。


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日本平山頂より初秋の富士

 天気予報に依ると 9月上旬は雨や曇りマークが目立ち いよいよ秋雨前線が近づいて来たかと思われます。
9月に入ると同時に手のひらを返したように温度計も急転直下、爽やかな秋到来を骨身に感じました。
 今日は夕方まで天気は大丈夫! 
そうだ! 日本平へ行ってみよう!

 9月5日 新静岡バスターミナル5番乗り場 日本平ロプウエー行き9時25分発50分ほどで日本平山頂ロープウエーに到着。
 天気晴朗、ミ~ンミ~ンと蝉が夏を惜しむように鳴いております。

 いつものように展望台への石段を登っていくと、けたたましいブルドーザーの音がします。 
新たに360度一望できる展望台の建設準備らしい。


春に訪れた時の 山頂にある満開のカワヅザクラを背景に「赤い靴を履いてた女の子」の母子像は、観光客にも地元の人にも親しまれております。
横浜の波止場から遠い国に行ったはずの赤い靴の女の子の事がどうして此処に?

Cimg7895a11

Cimg78961
異人さんに連れられて横浜の波止場から船に乗ってアメリカに渡ったと云われている 日本平麓の清水区宮加三で生まれ育った赤い靴を履いた女の子「岩崎きみちゃん」は実は、病のために、、、

Cimg59761

 上の図3点は今年春 満開の桜の時季の撮影です。 

 おや? 母子像周辺が初秋とは言えどうも様子が違うのです。

Cimg0341 
 春に先駆けてカワヅザクラが「赤い靴」母子像を守るように見事に咲いていた筈の様子が 初秋の景と云ってもどうも寂しいのです。

よくよく見れば、形良く伸びた桜の主幹がスパッと切り取られているではありませんか! 無残な姿です。

途切れもなく唸りを上げるブルドーザーの大音量に聞き取りにくく
 「展望台新設優先のために 桜の木が犠牲になってしまった! 折角形の良い桜の幹を無残にも切ってしまうなんて! 何ということをしてくれたんだ!」
傍らの地元のお年寄りが しきりに嘆いていらっしゃいました。 

「午後になると あの棚引く雲が次第に富士山を覆ってしまうんだ!良い時に来たね」と ご老人。
20170905

 富士山を仰ぐには午前中が良いらしい。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

9月6日

 9月に入ると我が家のBGMは、パヴァロッティの歌声が流れます。

 9月6日はパヴァロッティの命日です。
Photo

 2006年2月10日 イタリアのトリノで開催された冬季オリンピックで氷上の舞姫 荒川静香さんが奇遇にもあの曲で金メダルに輝いたたことは、今でも鮮明に思い出されます。

あの日 トレードマークの白いハンカチを手に歌うバヴァロッティ
Img_2824jpg1


 開会式のフィナーレを飾った世界三大テノールの一人 ルチアーノ・パヴァロッティが黒いマントで歌ったプッチーニのオペラ 「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」を 膵臓がんに侵された身体でありながら 悲壮な決意での熱唱は 強烈な印象として私の心に脳裏に強烈に焼き付いております。
これが パヴァロッティ人生最後の大ステージだったとは思いもしませんでした。

 毎年9月の声を聞くと TVのあの感動の映像もさめやらぬ翌年2007年9月6日のニュースで知ったパヴァロッティーの訃報に、驚きと言い知れぬ悲しみが昨日の事のように甦ってまいります。

you bube で故郷モデナでの国葬クラスとも云われる テノールの巨匠を弔う イタリア国旗3色の飛行雲のアクロバット国軍機編隊飛行の大空に轟く爆音。
 
パヴァロッティの功績への賛辞と モデナ市民の深い悲しみの映像は、涙なしでは見られない感慨深いものでした。

 世紀のテノールの巨匠とは言え、ステージではタキシード姿で手にする白いハンカチは 余りにも有名なトレードマークですが、その上ズボンのポケットに「おまじない」として折れ釘を忍ばせて歌うとか、
2_2
 体型を隠す為に
華やかなエルメスの大判スカーフがお気に入りだとか、
Photoa_2
 1990年7月ローマのカラカラ浴場遺跡での三大テノールに依る世紀の大共演でのアンコール 「オ・ソレ・ミーオ」の大袈裟なビブラートを効かせて おどけた歌いっぷりなど 枚挙に暇もない俗人と変わりない茶目っ気ぶりに親近感を覚えます

「キング・オブ・ハイC」と神様に祝福された声と評された二十世紀の最も美しいテノール歌手 クラシック音楽界のスーパースターは遠い異国の しかも今はこの世の人ではありませんが、伸びやかに歌うカンツォーネを聴く度に私の心は和らぐのです。
  白露に消えた永遠のアイドルです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

十団子

 JR静岡駅北口バス乗り場、国道藤枝線 四十分ほどで「宇津ノ谷入り口」(以前 明治トンネル撮影の時にも下車しました)バス停に到着します。
Photo

 国道1号線の大動脈に横たわる長い歩道
橋を渡リ 山ふところへ向かって数分も歩けば、この時季にはカナカナカナ~とひぐらし蝉の谺に涼気を覚えます。 
Photo_7

この先には旧東海道峠登り口のある宇津ノ谷集落があります。
Cimg1469


静岡市駿河区宇津ノ谷集落には、知る人ぞ知る 秀吉から「羽織」
Photo_3 
(上画像はネットよりお借りしました)


を拝領された「お羽織屋」など十数件の古い家並みの中ほどの
Cimg1529_2

路地を入り 
朱色の欄干の橋を渡ると「十団子(とうだんご)」で知られる曹洞宗 慶龍寺があります。
Cimg1541_2

  弘法大師の作と言われる延命地蔵尊、十一面観音菩薩がご本尊として祀られ、毎年八月二十三・二十四日には縁日で賑わいます。
慶龍寺境内にでんと腰を据えた苔むした石碑をよく見ると

Photo_5
 「十団子も小粒になりぬ秋の風」 有名な森川許六の句碑です。
Cimg1459

 秋風吹く旅すがら 
軒先に魔除けとして吊るされている「十団子」をみて ただでさえ小さいのに冷たい秋風が吹いて一層小粒になったと許六が詠み 芭蕉も絶賛した句と言われます。

 「十団子」を知らない方がたは、みたらし団子か三色団子か?はたまた? 想像をめぐらしているとか。

 * 慶龍寺縁日で売られている「十団子(とうだんご)」の由来は

 昔、宇津ノ谷峠に旅人を喰う鬼が現れ、在原業平の祈願に依り、地蔵菩薩が旅僧に姿を変えて、鬼と対決しました。
旅僧が、人間に化けた鬼に「正体を現せ!」と云うと 大鬼に変身したので、「小さくなれるか!」と云うと鬼は小さな玉となって、旅僧の掌に乗りました。旅僧は持っていた杖でその玉を十粒に砕いて飲み込みました。
それ以来鬼の災いが無くなり、道中守護の為に「十団子」が作られるようになったと言われます。
Photo
 白い餅を直径五ミリほどに丸め 十粒ずつ幾重にも数珠つなぎした魔除けの「十団子」は 昔は保存食でもあったそうですが、今では魔除けとして軒に吊り下げるのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

超ドSフェスタしずおかへ 

えっ?  超ドSって?   ドSってどう言う意味? 
首をひねったのは私だけなのでしょうか?

超はより優れた、ドは強めの助詞、Sは静岡県人と、勝手に解釈してみました。
強烈な
表現ですねぇ! 
しずおかを元気づける夏まつりらしい。
 ド高齢者の私は参加できるのでしょうか? 
とにかく行ってみましょう。

Cimg0309

 沖縄が返還された1972年に「ふるさと再生発見」を謳って 1999年まで28回を重ねた「フェスタ静岡」が閉幕され 18年ぶりに静岡市で復活する夏祭りイベントが 2017年8月18日から3日間 静岡市葵区の駿府城公園で開催されたのが 「超ドSフェスタしずおか」です。

 あれから18年も経っていたなんて! 
    月日の経つのは早いものです!
 あの「フェスタ静岡」(静岡新聞社・静岡放送主催、静岡市特別後援)が より魅力的に 日頃おとなしい静岡県民に 「もっと動こう! もっと楽しもう! しずおか人よ!」と ド活を入れての再開です。

ひゃ~! やっぱり子供連れや、若い人ばかり~!
Cimg0310_2

 30度を超す蒸し暑い駿府城公園内では

野外ライブを繰り広げる「ミュージック」、駿府城への理解を深める「カルチャー」、カレーの名店が出店する「フード」の3部門を中心に色々な企画が展開された3日間でした。
 

、、でした。と言っても主な催しを覗けば、人気歌手や若手アーティストに依る歌謡ショーなど 野外音楽ステージが繰り広げられたり、若者に人気のカレーのワールドカップ人気投票など 熱気ムンムン大混雑の園内では高齢の私など立ち入る場はないようです。
ところが、

有りました有りました。舟で楽しむ駿府城です。
身長100センチ以上なら もちろん無料の整理券での乗舟です。

遠い昔の懐かしい中堀の風景が蘇っています。
50年前の高度成長期先駆けの風景が蘇っているのです。
Cimg0304

 巽櫓(たつみやぐら)と坤櫓(ひつじさるやぐら)を結ぶ 乗り合い和舟(葵舟)や 50年ぶりに復活の手漕ぎボート(葵ボートの)が ゆらりゆらりと中堀にお目見えするということですが、私は乗舟よりも撮影を楽しんで参りました。
Cimg0302
 東御門橋の元の乗舟場は、すでに長蛇の列です。
Cimg0316

 中堀を観光資源として生かそうと活動する市民グループ「駿府城中堀めぐり舟実行委員会」が中心となり、事業を進めています。

Img_2803
和船 「葵舟」は身長100センチ以上 定員6名
道行く人は珍しそうに涼し気な舟遊びを眺めております。

ゆら~りゆらりと、30分の遊覧を楽しんだ乗舟者は静岡の街を そして石垣に見る歴史に 新たな発見があったでしょか?

1917年に製造された歴史ある舟(葵舟)は、東御門橋を起点に巽櫓(たつみやぐら)から坤櫓(ひつじさるやぐら)までの中堀を約30分の景色を楽しむのです。
Cimg0321_4

 例え撮影だけでも 蒸し暑さも忘れて こんな粋なフェスタに 高齢の私も参加できたのです。
3日間で述べ20万人が楽しみ まつりは大成功だったそうです。

 「超ドS」のスローガンはこれでおわらせてはなりません。
願わくは
これを機会に「葵舟で中堀遊覧」観光企画を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蓮華寺池公園の蓮の花

 東海道の宿場町として、品川からかぞえて二十二番目にあたる藤枝宿は、問屋場の宿場駅、田中城の城下町として栄えてきました。

下のタイル絵は、JR東海道線新蒲原駅玄関前の路上に嵌め込められた「東海道五拾三次」の一枚です。
Cimg1435

 藤枝市 旧東海道は今では商店街になっております。
Cimg1237_2_2
 静岡県藤枝市のほぼ中心地にある 四季を通じて市民の憩いの場所と成っている「蓮華寺池公園」は、東京ドーム約六個分もあり、周囲千五百メートルの池を中心に 梅、椿、桜、シャクヤク、藤、つつじ、蓮など四季の花々を楽しめむことができます。 
中でも私は「藤」と「蓮」が咲く頃が好きでよくここを訪れます。

 「蓮華寺池」は、慶長十八年(1613年)に灌漑用水として村人総出で掘った人工池として田畑や生活用水に貴重な水資源となりました。

近くにお住まいだった藤枝出身の今は亡き作家小川国夫さんも この池の周辺をこよなく愛され、下駄履きでよく散策されたそうです。

 「暑いのによく出かけるわねぇ」と呆れられながら、待ちに待った梅雨が明けた7月19日の午後 しずてつ路線バス「藤枝駅行き」で約一時間ほどかけて 蓮の花を見に行って参りました。
Img_2624
ぱっと咲く蓮の開花は早朝と云いますが、距離的には無理なこと、炎暑のこの時季は片陰を選んで参ります。
蓮の花を愛でながら 蓮特有の香放つ池の周辺を散策することがこの時季の私の楽しみの一つです。
Cimg9648
 七月に入って咲き始め、まだまだ蕾も多く見られますが
Img_2631


 もはや花片も散って如雨露(じょうろ)の口のような蜂の巣の形状もあちこちに見られます。
Cimg9640_2
 やがて 種子の詰まった蜂巣も褐色に変わり 秋が次第に訪れるのです。 
 蓮は蓮(はちす)とも呼ばれます。  
なるほどね。

付記
冒頭の東海道五十三次タイル絵は、JR東海道線「新蒲原駅」玄関前の歩道にはめ込まれております。
 五十三枚の絵タイルを一枚一枚撮影した画像をムービープロジェクトした動画です。 
お楽しみください。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花パークフィオーレ小淵沢のカサブランカ

 しずてつオリジナル企画「花を巡る」8月の旅は、山梨県北杜市「花パークフィオーレ小淵沢」 ひまわりとカサブランカの花畑散策日帰りバス旅でした。

 8月5日は、迷走豪雨長寿台風5号の進路予想報道を気にしながら、蒸し暑さを覚悟しての出発でした。
Img_2753
 新清水ICから国道52号線を六郷ICへの道すがら山間に見え隠れする富士山もすっかり夏の姿です。
Img_2780

 増穂PAから双葉JCT~中央道~小淵沢ICへと途中休憩を挟みながら小淵沢の花パークフィオーレには11時50分に到着しました。
Cimg0278


 山梨県北杜市の「花パークフィオーレ小淵沢」は、標高1000m 富士山、南アルプス、八ヶ岳の大パノラマを望みながら、四季折々の花が咲き誇る公園といわれ、16ヘクタールもある広大な丘陵地帯には幾種類もの宿根草が四季を彩り 当初第3セクターが運営していたものを余りの広さに運営困難となり、北杜市が買い取り無料で開放されたと言われます。

 広いお花畑散策の前に 先ずはランチタイムを楽しみます。

地元で採れた 野菜スパイスカレー・トマトカレー、地鶏、牛・豚肉をふんだんに取り入れた若向きも良し。
何より珍しい新種5色のミニキャロット、彩り良いズッキーニや宝石のような色とりどりのミニトマト、歯応えも甘味も自慢のトウモロコシなど 思わずカシャット撮影してしまいました。 
野菜そのものの素朴な美味しさを お好みのドレッシングでどうぞ!

Photo

 ここは知る人ぞ知る地産地消 地元で採れた野菜をふんだんに取り入れた自然食品自慢のバイキング形式の昼食です。
外界の蒸し暑さも忘れ レストランを吹き抜ける心地よい高原の涼風に食欲も増進! 
自然界の贈り物を存分にいただきました。

 実は はじめて訪れる「花パークフィオーレ」を事前にインターネットで調べて見れば 16ヘクタールもの広大な台地の花パークについての評判は 例えば、花パークと言っても花が無かったとか、荒涼とした台地だったとか、余り芳しいものではありませんでした。
Cimg0272

 という事で、当初個人的には大した期待もなく参加した今回の旅でしたが、整列するコキアの道の先には色とりどりの宿根草が美しく咲き乱れているではありませんか! 
Page_2
 私の開いたインターネットには一言も触れていなかった咲き始めた「カサブランカ」の見事な光景を目の前に一同思わず、、、
  「わぁ~! 素晴らしい~!」 感嘆の声! 
 

 ご覧ください! カサブランカの群生を! 中空の白亜の世界を!
Photo_2
 純白な大輪の花を咲かせ 華やかで気品があり、ユリの女王とも呼ばれる『カサブランカ』 は、オランダで作られて世界的なブームに乗って日本でも結婚式などに華麗に彩られ 高価な花として珍重されています。

 「花のない花パーク」だなんて悪口を叩いたのは誰ですか?
見渡す限り咲き誇る純白の大輪『カサブランカ』の群生です。
 しばらくは呆然と立ち尽くしてしまいました。

Img_2773

辺り一面上品な芳しい香りを放ち 正に花王国のプリンセスです。
Photo_4

 甲府盆地を眼下に 中空のカサブランカのお花畑は「花パークフィオーレ」の今正に主役を演じています。
Cimg0277

 因みに、もう一つ夏の主役の筈のヒマワリはこれからのようです。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石和温泉と桃の旅

 今年三月 甲斐路石和温泉の旅で花桃の里を訪れた私たちは 余りの見事さに桃が熟れる頃には必ずまた来ましょうねと 同じメンバーで七月二十四日から二泊三日にかけて 甲州街道は石和温泉と桃の里を再び訪れました。

 甲府までの身延線三時間あまりの車中、お定まりのオシャベリをしながら、私
「実は六月に楽しんだサクランボ農園の芳果園さんから 昨日恵送された桃が もぎたて新鮮で 殊の外美味しかったの!」と 話したその時、「親戚縁者友人には そんな桃を送りたかったの~!」と誰もが認める富裕層の〇子さんの真剣な口ぶりです。
即 先方さまのご意向も聞かぬまま満場一致で急遽「芳果園」さんに変更して翌日訪れることにしました。 

「芳果園」さんへは、六月のさくらんぼ狩りに 観光バスで訪れたものの、行先道程は皆目知らぬ存ぜぬ プライベートの高齢の身、 さて? 無事に辿り着くことができるのかしら?
あれこれ思案の挙句 ホテルのフロントで調べていただくことに致しました。

 武田信玄ゆかりの山梨甲斐路に「美肌の湯」と謳われる 甲府盆地のほぼ中央にある石和温泉は、五十年余り前のある日、ぶどう畑から忽然と湧き出た湯が、近くの川に流れ出し 自然に出来た「青空溫泉」から始まったそうです。
Img_2741

宿は、ワイン風呂や美肌溫泉と 伝統を誇るシェフ自慢の食事もさることながら、
Img_2739

四阿でくつろぐ足湯や  四季を彩る自然豊かな広い日本庭園も自慢です。
夜は 私達の泊まる ホテル最上階七階の窓から「笛吹川花火大会」の花火も居ながらにして楽しめたのも偶然でした。

 桃園訪問は 当初の笛吹市から南アルプス市へと突如変更となった「芳果園」さんの所在は、ホテルフロントさんに調べて頂き、先方さまへ突然の連絡をとって翌朝 中央線石和温泉駅10時17分発 小淵沢行きで10時29分竜王駅に着きました。
 厚かましくも お迎えいただいた車で走ること20分。

甲府盆地大平野にさしかかると 桃の香りがしてきました。
Cimg0234_2

 見渡す限り驚くほど広大な桃園に着きました。
Cimg0141_2

六月のさくらんぼ狩りに訪れた時に撮影した隣接のぶどう棚の青ぶどうも 今は袋の中で順調に育っています。

Img_2647

 小野家初代が戦国時代にこの地を開拓され 当初は綿花の栽培から始められ サクランボ、桃、葡萄を育て 地元でも由緒ある18代目の「芳果園」として 
未来へ継承するご繁栄ぶりが窺えます。
Cimg0233_2
 
 その名の通り芳しい香りが桃畑一帯に微かに漂い 程よく熟れ輝く大きな桃たちが私達を迎えてくれました。
日照時間が全国一永く 水はけも良く 果物の生育に適した土壌に恵まれた南アルプス市は正にフルーツ王国です。

 突然の訪問にもかかわらず 園主の小野さんは ご多忙の中 これが○種、これが何種と次々差し出される試食は 軟らかく滴る果汁の甘さもさることながら、もぎ取ったばかりの硬めな桃は 皮も剥かずにコリコリと 地元流に香りと共に戴く甘い食感もたまらない!

 親戚縁者、友人知人への発送を依頼し 受け取ってくださる先方さまの笑顔を想像しながら 私たちは至福の一時を満喫したのでした。

 「芳果園」小野さんご夫妻 遠路の送迎 お土産まで頂き心温まるおもてなしありがとうございました。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

カルチャー同好会「落語お披露目」

 7月22日(土曜日)静岡市 葵生涯学習センター(アイセル21)1Fホールで催す ゆうらくカルチャー同好会「落語お披露目」会のご案内をいただきました。

Cimg9679_3
 笑う門には福来る 初めて鑑賞するカルチャー同好会 趣味の落語お披露目に 興味津々の面持ちで歓笑してまいりました。
Cimg9665jpg21


 噺家は ゆうらく亭 勇楽さん 
あれっ? 何処かで聞いたことあるような? 無いような?

♪ テンテンツクツク ♪、、、 出囃子に乗って勇楽さん 悠々と舞台に登場。 
あれっ? 何処かでお見かけしたような? 
 お会いしたことあるような?
  拍手、、、、、、

Cimg9672

 さぁさぁお立ち会い!
ご用とお急ぎでない方は ゆっくりと聞いていきな!
誰でも何度か耳にしている有名な つくば市認定地域無形民族文化財第1号の「蝦蟇の油 口上」の勇楽さん 立板に水を流す如くの弁舌に 300席の聴衆は一言一句聞き漏らすまいと聴き入っています。 


 5分の休憩を挟んで第二部のお題目はご存知 左甚五郎の作る「竹の水仙」にまつわる 甚五郎と宿夫婦との掛け合い噺に、聴衆は次第に引き込まれ 弁舌・仕草巧みな勇楽さんは 趣味で語ると言っても これは只者の技ではない。
ノコギリで竹を切る擬音の声色使いなど ギーコギーコギーコと 生の音そっくりではありませんか!  どうしてそんな音出せるの~?
勇楽さんの「口蓋垂(のどびこ)」はどうなっているのでしょうか?
天賦の才能 玄人はだしの語り口に聴衆は拍手喝采!
 異口同音感嘆しきりです。

ご了解を得て、第二部 「竹の水仙」の一部始終を収録させていただきました。

さぁさぁ お立ち会い!
ご用とお急ぎでない方は 「竹の水仙」40分の喋々妙技ですよ。
 次の動画でたっぷりとお楽しみください。

本家本元噺家さんも舌を巻くほどの巧みな弁舌でしたね。
(収録終盤頃、突然ドカ~ンと大きな音で勇楽さん一瞬の驚きの場面がありますが、この時雷鳴があったと思われます)

 実はこの長~い実況収録を含め この日の全ての収録映像は、先日のブログで告白した「明治トンネル」での心霊怪奇事件 あの鳥肌の立つ いわく付きのデジカメ
Img_2507

 「テレパシー・デジカメ」君がしっかり収めてくれたことも驚嘆に値するではありませんか!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブログ10年目の記録冊子

 年寄りの冷水と自重(自嘲)しつつ、毎週日曜日に更新を決めて欠かさずアップしたブログ「パソコンは老いをらない」は お陰様で五月二十七日で十年間を綴ることが出来ました。
これもひとえに、パソコンサロンゆうらくさんから高齢の私に適応したご指導を賜り また多くの方にご高覧戴き、お与えくださるコメントに随分励まされました。
  ありがとうございました。

こうして折角綴った拙い記事でも 私のこの歳になると些かの自分史に成るかもしれないと淡い期待を覚えつつ、毎年一年分の記事を纏めて手前味噌ですが 今回で十冊目の「パソコンは老いを知らない!」 記録冊子ができあがりました。
Img_2615a1

 一年(五十二週)分を九十ニページに亘っての冊子作りは、元来横書きのブログ記事を縦書きにコピー&ペーストすると云う いささか面倒な作業で パソコン自身が戸惑い悲鳴を上げて 画像がとんでもない処に飛んでしまって定位置に中々収まらず、思わぬハプニングに遭遇したり、コピー機のトラブルに四苦八苦するなど、艱難辛苦の人生行路に通ずるものがありました。
  この難関突破は脳トレに役立つかもしれません。

Img_2614a1

 自分史とも言えるパソコン&コピー機を屈指しての自作 十年十冊の冊子を目前にして、電話もテレビもなかった若かりし時代を過ごした昭和一桁生まれの私にとって こんな事が出来ようとは。 若棋士の言葉を借りて 只々『僥倖』としか言いようがありません。 
 パソコン遊びの楽しさ素晴らしさを得た幸せを噛み締めています。

Img_2616a1

 17年前 当時の森総理大臣の「IT革命!」を提唱されたのが切っ掛けで始めたパソコンとの関わり合いが、後期高齢「おひとりさま」暮らしに大きな指針と楽しみの糧になろうとは、当時は思いも及ばない事でした。

 当時68歳の私は、ITとは何ぞや? パソコンとは何ぞや? パソコン操作は皆目分からぬ!  分からぬ事が分からぬ!
 「そうだ!」 
思い立ったが吉日、パソコン教室の門を叩いて、焦らず諦めずが功を奏して こうして余生の楽しみを享受しております。
 
日進月歩どころか 秒速単位で進化する「IT時代」 世の中は「スマートフォン時代」 便利この上もない代物ですが まだまだ学ぶこと山積です。

 十年目のブログ記念日の五月二十八日は感慨も新たに これから一年 無事のブログ更新を祈念しつつ発信の決意をしたところでございます。
歳は争えません 何時の日か?ギブアップするかも知れまが、、、

 ご高覧いただいた皆さまに御礼申し上げますとともに、今後共どうぞよろしくお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«方広寺半僧坊拝観とらかん坂