三日とろろと七草粥

 私の住むところでは聞き慣れない「三日とろろ」のことを初めて耳にました。

【とろろ飯&七草粥】
Page

お正月三ヶ日のご馳走で疲れた胃を癒やすために、三日に「とろろ」を食べる風習の事だそうです。

そんな意味合いで届けてくださったのでしょうか?
猪の被害もさることながら、最近は自然薯泥棒の被害多発のため、採取場所はナイショ!と、大晦日に思いがけずYさんから、友人の裏山で掘られた山芋のお裾分けと云って正真正銘本物の「自然薯(じねんじょ)」を頂きました。

【自然薯(じねんじょ)】

Cimg2396_3
  「わぁ~! 凄い! こんなに太いの初めて~!」
 半分お裾分けと言っても幅8センチ余り、厚さ5センチ、長さ25センチほどの逸品です。

子供の頃大家族で食卓を囲んだ「とろろ汁」 
ごりごりごりと、すりこ木をリズミカルに使う母、すり鉢をしっかり抑える私、あの頃の光景が彷彿と蘇ってまいります。
Cimg3096
 一昨年大枚果たして買った、くねくねした自然薯の姿に比べると、実に見事な自然薯です。

 「三日とろろ」のことをネットで調べてみました。
 * 主に東北・北関東地方の正月行事だそうで、岐阜や尾張といった濃尾地方あたりでも同じような風習があるそうです。

「三日とろろ」を食べる理由としては
・ 長生きする
・ その一年風邪を引かない
・ 整腸作用や滋養強壮作用がある
・ おせち料理で疲れた胃をいたわる効果がある
・ 中風予防の効果
などがあるそうです。

自然薯の成分は、カリウム・ビタミンC・ビタミンB1、ネバネバはムチンと言う成分で滋養強壮や疲労回復、老化防止、美肌効果、胃を丈夫にする効果まである正に山の薬なんですね!

自然薯は、山芋の仲間ですが、山に自然に生えている ”山菜の王者” 漢方でも ”山薬(さんやく)”
と言われるほど優れた食材です。

当然三日の夕食は「とろろ汁ご飯」にして頂きました。
Cimg2398

粘りの強さは重要な要素で、香りや旨味も、畑で栽培されている市販の長芋・大和芋と一線を画す全く独特のとろろになるのですから、私はひげ根だけを取り除き風味を尊重、敢えて皮は剥かないですり下ろしました。
そのネバネバの凄いこと!

Cimg2401

 鰹削り節、昆布・大豆味噌の濃い目の味噌汁で少しずつ伸ばし、熱いご飯に、もみ海苔と刻みネギを添えて頂きました。
見た目は素朴な「とろろご飯」ですが、旨味風味とも何とも贅沢な逸品です。

   三日とろろ胃の腑のあたり軽くなり

Img_0573


一方 七草粥もお正月料理で疲れた胃を休め、平常の食生活に戻す区切りとして考えられ、主に緑の葉野菜に乏しいこの時季に不足しがちな栄養素を補う役割とも言われて、七日に私も故事に習っていただきました。
一口食べると10才、七口で70才若返るんだそうです。 さて?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本平山頂の夢テラス

 Img_0279

 静岡市の標高307mの丘陵地、日本観光地100選、国の名勝地、県立自然公園に認定された日本平山頂に平成29年秋頃から始められた 絶景一望、日本平の新名所として建設中の回廊テラスの工事が完了して、平成30年11月3日にオープンしました。

日本平山頂シンボル施設と展望回廊の愛称は「日本平夢テラス」です。

 2020年東京オリンピック・パラリンピック主会場の新国立競技場を手がける「隈研吾建築都市設計事務所」が設計され、全国的にもこれだけのロケーションに恵まれた景勝地にふさわしく、富士山が最高の方位に見えるように、加えて木を大事にすることを目的に、静岡の木を使い自然との調和を図り、温もりや木組みの美しさが感じられるように設計されたそうです。
  これは、隈研吾氏のポリシーですね。

1311819
(ネットよりお借りしました)

* 建設中の新国立競技場の他にも、ヒノキをふんだんに使った 相模灘全貌の熱海アカオ ハーブ&ローズガーデンの 「COEDA HOUSE」
も然りです。  (2017年11月撮影)

Cimg0885


【日本平山頂夢テラス 木の香漂う館内】
Img_0289


 吹き抜け鉄骨3階建、正八角形の外観は、正にどの角度から眺めても「天下の絶景」が堪能できる八方美人景勝の建築物です。
Img_0292


 1階では日本平の歴史やグラッフィックパネルの歴史絵巻などの展示スペースなどがあり、ガラス越しの日本庭園が優美です。
Cimg2207

一服の絵画のように日本庭園からは富士山も望めます。

【1階館内ガラス越しの富士山】

Cimg2212_2

山頂からの360°静岡の絶景を楽しみましょう。
Img_0298_2

3階テラスに出れば皆一様に息を飲む絶景が目の前に展開するのです。
【夢テラスから望む富士山】

Cimg2173

1周約200mの展望回廊を歩けば富士山や三保の松原が手に取るように望めます。

 平成30年11月3日にオープンして、来館者年間目標が30万人と設定していたそうですが、1ヶ月で13万5千人に達したそうです。
隈研吾氏が設計された話題性と、ユネスコ認定の世界文化遺産(富士山~信仰の対象と芸術の源泉)にもなった霊峰富士を仰ぐにふさわしいロケーションに恵まれた所以でしょう。

BGM 「ドルドラの思い出」のメロディーでムービープロジェクトをお楽しみください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新年あけましておめでとうございます

 【日本平夢テラスより望む富士山】

Cimg2196


  明けまして おめでとうございます

 皆様のご健康と ご多幸をお祈り申し上げます。

 本年も どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グランシップの記録写真展

 複合施設 JR東静岡駅南口にある「グランシップ」は、1999年の開館以来静岡県の文化創造と交流を目指し、人々が集い憩う ”県民のオアシス”となり多くの活動のを実施しています。

【グランシップ】

Cimg0797

静岡県の文化芸術の発展と普及を図ることを目的に、県内の文化施設、教育団体、文化活動団体等など文化との出会いを創り、人々の交流の場所となっています。

【3階共通ロビーにて」

Cimg2307

今年も平成29年10月から平成30年9月までの一年間で実施した企画事業をグランシップサポーター15名に依る記録写真で、その活動を振り返る写真展がグランシップ3階共通ロビーで 2018年12月9日~2019年1月26日まで開催されております。
*観覧無料  (休館日は年末年始12月29日~1月3日)

一例を見ますと、、、

にっぽん子供劇場  【文楽・人形浄瑠璃】
A

静岡能 能楽入門 【静と動」

Photo

Photo_2

フランクフルト放送交響楽団 【協調】

Photo_3

Photo_4

 

グランシップ音楽の広場 【西郷どんも応援!】

Photo_5

Photo_6

 

静岡混声合唱団 【呼気は焔のように】

Photo_7

Photo_8

 15名に依る27点の写真が語る グランシップサポーターならではのイベントの魅力、迫力あるワンシーンが彩りも豊に鑑賞できました。

2019年1月26日(土)までグランシップ3階共通ロビーで開催中です。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私のクリスマス

 12月に入ると巷には趣向を凝らしたクリスマスツリーが飾られ、軽快にクリスマスソングが流れ、夕暮れ時にはイルミネーションが輝き、歳末商戦と相まって街行く人の足取りは心なしか楽しそうです。

 日本人はあれこれ気を引くものが多いようで、新年の神事から始まって,お彼岸行事あり、盆供養あり、クリスマスあり、洋の東西・宗教を問わず務め楽しんでいるようです。

 斯く云う私も、クリスマスシーズンはホットな気分に浸ります。
Photo

 12月 リビングの壁には、四半世紀前に購入したヨーロッパの粘土細工のクリスマスリースを飾り、終日三大テノールのクリスマスソングのBGMで心地よく過ごすのが我が家の習わしです。

Photo_2jpga_2

 三大テノールのクリスマス
  ~クリスマス・イン・ウィーン1999年~

 ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティ

年紀最後の1999年に、初めて世紀の三大テノールが揃って23曲を歌い上げた豪華なクリスマスコンサートは世界中の話題をさらった収録CD・DVDを聴くのです。

スティーブン・メリクリオの指揮するウィーン交響楽団、ウィーン国立少年少女合唱団をバックに、三大テノール、清らかな天使たちウィーン少年少女の歌声をBGMに憧れのウィーンに思いを馳せながらクリスマスの雰囲気を味わう、心温まる私のクリスマスです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

牛肉と舞茸の時雨煮

先日iPhoneの音声アシスタント「Siri」に ”Hey Siri ! 牛肉と舞茸のしぐれ煮の作り方教えて!” 
Img_3836

の問いかけに即座に答えてくれたレシピは なんと!
Img_3835

 10月18日放映のNHK総合「あさイチ」 
「みんな! ゴハンだよ  まいたけと牛肉のしぐれ煮」の番組 ゲストは中東久人さん(料理旅館主人)で紹介されたレシピでした。

新鮮なまい茸が手に入って早速作ってみました。

 材料  まいたけ  150g   
     牛肉切り落とし  150g
     しょうが    10g   
     粉さんしょう   少々

 

 調味料 醤油  50ml(大さじ2杯半)
       酒   30ml(大さじ2)
       きび糖(又は三温糖)大さじ2

始めに、キノコ類の私流
のお勧め下処理からご紹介しましょう。
Cimg2073

 常々私はシイタケなどキノコ類は、小房に裂いたり食べやすい大きさにしてから2~3時間天日に干してから使用します。
天日に干すことで、キノコの香り、味、栄養価、食感も更にアップするのです。

* 更に冷凍保存すれば効果も増して無駄なく使えます。
  冷凍されたキノコ類は、解凍せず凍ったまま鍋や炒め物に。

 ① まいたけは手で小さく裂きます。
   牛切り落とし肉は大きければ一口サイズに切ります。
   しょうがは皮ごとすり下ろします。

Cimg2075

② フライパンで①の牛肉を油無しで強めの中火で炒めます。 
Cimg2076

 色が変わったら弱火にして①のまいたけを加え、ゆっくり炒め合わせながら水分を飛ばします。  

 ③ まいたけに火が通ったら強めの中火にして、合わせておいた調味料を加え、時々混ぜながら煮汁がほぼ無くなるまで煮詰めます。 

④ 火を止め、粉さんしょうを振り入れてよく混ぜ合わせ、粗熱がとれたら①のおろしショウガを加えて出来上りです。

* 私からのお願い 
粉さんしょうは、入れすぎるとかえって邪魔になりますから少々でお試しください。
Cimg2078_2

 熱々の 白いご飯で、、 お茶漬で、、 
おかかをふりかけた小松菜のお浸し、わかめと豆腐の味噌汁を添えていかがですか?
Cimg2082

 粉さんしょうの香りとピリッと効いた大人向けに最適で、独り暮らしの私は多めに作り、常備菜として冷凍保存します。 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

熱海梅園の紅葉

 いつもの八十路四人組の忘年会を兼ねた今年最後の旅は、恒例の熱海温泉です。

 11月28日は穏やかな小春日に恵まれて絶好の旅日和となり、熱海までの車中は、途切れないおしゃべりに水を得た魚のごとく余生の虚しさ寂しさも忘れるほどでした。

加齢で 食も細くなったとは云いながら、丸テーブルを囲んでの熱海で評判の中華料理店でのランチは、それは別腹でというほど満足なものでした。

翌日も穏やかな小春日和に恵まれて、絶好の紅葉狩りとなりました。
Cimg2243
熱海で紅葉と云えば、当然のことながら「梅園」の紅葉です。

熱海市街地の西側にある「梅園」は、約14000坪の都市公園です。

 * 横浜の豪商 茂木惣兵衛氏が明治19年(1886年)に開き、128年を皇室財産として、熱海第2、第3御料地の変遷を経て、昭和22年(1947年)に国有財産となり、昭和35年10月に大蔵省により無償で熱海市に払い下げられたそうです。

以後、園内の整備が行われ昭和41年4月1日に「熱海梅園」として開放され、日本一早咲きの梅・日本一遅い紅葉の名所として有名になりました。

Cimg5369a

 園内には、まだつぼみの硬い梅の木が58種、473本。380本ものイロハモミジ、ムサシ、イチジョウなどの紅葉で彩られ、渓谷を思わせる初川に架かる朱色の欄干との調和はまさに日本庭園の真髄です。
Img_0359

 11月17日~12月9日までの「もみじまつり」、ちょうど中盤あたりのこの日の紅葉は今まさに絶頂の気品を醸しています。
Cimg2269
熱海梅園の紅葉は 何れにも勝るほどの見応えがあります。
Cimg2256

 園内を流れる初川の清流に架かる情緒ある5ヶ所の橋と紅葉のコラボは、京都に勝るとも劣らぬ熱海梅園の紅葉をごゆっくりお楽しみください。

 流れるBGMは「ふるさと」です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

駿府そば祭り

11月23日~25日 静岡市駿河区丸子の「駿府匠宿」で『そば好き大集合! 第10回駿府そば祭り』が開催されました。
Cimg2242

 静岡市内有名蕎麦屋さんの出店あり、そば打ち名人の実演ありでそば好きにはたまらないイベントです。

 初日23日は朝から風もなく穏やかな絶好の小春日和に恵まれて、バスに揺られて行ってまいりました。
Cimg2228

 中央に張られたテントでは、そば粉を練る人、打つ人、切る人、それぞれの分担を担っての実演もみられます。
Cimg2236

 山間に熱々のお蕎麦のいい匂いが漂って、お休み処には長い列で賑わっております。

「駿府そば祭り」の私にとって最大の関心事は、なんと云ってもそば打ち名人 八兵衛さんのそば打ち妙技にあやかりたくて今回もやってきたのです。

 そば好きの誰もが称賛するそば処「八兵衛そば」当主直々のそば打ち妙技をじっくりと拝見できる絶好のチャンスです。

 

Cimg2230

14時 「八兵衛そば」出店前では、幸運にも名人八兵衛さんのそば打ちが始まろうとしています!

 お許しを頂いて動画に収録させていただいたことは云うまでもありません。
10分間の妙技をとくと御覧ください。

 念入りに黙々と、また合間には立ち寄るお客さんに笑顔で挨拶されたり、和やかな雰囲気の中で見つめるギャラリーも私も真剣そのものでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

駿府城秀吉と家康の攻防

 静岡市歴史文化課 11月21日 13時30分 Twitterより

11月22日(木)から 駿府城址天守台発掘現場内の発掘情報館「きゃっしる」と「坤櫓」で金箔瓦の展示を開始します!


◯ 「きゃっしる」・・・9:00~16:30(最終入場16:00)
 休場日:年末年始(12月29日~1月3日)

 ◯ 「坤櫓」・・・9:00~14:30(最収入場16:00)
 休館日:月曜日(休日・祝日の場合は営業) 
 年末年始(12月29日1月3日{)
 入場料:大人100円、小人50円
 (3施設共通券 大人350円、小人120円)

*「きゃっしる」とは
  発掘調査現場にあり、調査に関する情報をわかり易く解説展示している併設された「発掘情報館きゃっしる」のことです。

2018年10月16日の秀吉が家臣に造らせた天守台と金箔瓦の発見以来、県内外からファンの来場者で埋め尽くされ、「金箔瓦」の展示を要望しておりました。

Img_0116

 静岡市葵区の駿府城公園天守台発掘調査現場で、豊臣秀吉が家臣に築かせた天守の遺構が金箔瓦など約330点とともに見つかり、おどろきのニュースを見聞きした多くの市民の関心と県内外からの注目度が一層高まりました。

【駿府に秀吉が築かせた城跡発見!】
Img_0128

 平成30年10月16日、駿府城天守台跡から、豊臣時代に造られたとみられる大量の金箔瓦と徳川家康が建てた駿府城とは異なる形の石垣が見つかって、家康の居城として信じて止まない駿府城に二人の天下人が関わっていたとは只ならぬ攻防と、10月20・21日の一般公開に大勢の歴史愛好家や市民が詰め掛けました。

 【秀吉が家臣に築かせた幻の城跡から発掘された金箔瓦】
Img_0115jpgajpga_2


 家康が1588年(天正16年)に駿府城を築きましたが、喜びも束の間、信長から秀吉の天下となり、秀吉の命で家康が江戸に領地を移したすきに、家康を威嚇するために金箔の瓦などで絢爛豪華な城を築いたと推測されていましたが、裏付ける資料も無く「幻の城」とされていたようです。

【秀吉が家臣に築かせた「野面積み(のづらづみ)」の天守台】
Cimg2090_2
(私の偏見でしょうか? 自然石の間に小石を挟んで積み上げた、主の居ぬ間の急造りだったのでしょうか、荒っぽい石垣ですね)

 【駿府城公園の家康公の像】
銅像の裏手が覇権争いで注目を浴びた駿府城発掘現場です。

 Cimg1697

【家康の駿府城天守台】
Img_0124_2

関ヶ原の闘いを終え秀吉亡き後 江戸で天下統一を果たした家康は、駿府に戻って1610年(慶長15年) 秀吉の金箔瓦を埋め立て、大御所の駿府城を天下普請で完成させました。

 10月21日押すな押すなの盛況ぶりの発掘現場に行ってきました。

* 11月22日から金箔瓦の一般公開展示は
「きゃっしる」での公開は、2019年2月11日まで
「坤櫓」での公開は、2019年3月17日まで

をたのしみに、合わせて豊臣の天守台を近くで見学できるルートも公開できそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

NHKしずおか「ドラマチック!秋まつり」

 11月11日(日) 穏やかな小春日和に誘われて、今年の春に西草深町から八幡1丁目に新築開局になったNHKしずおかの「ドラマチック! 秋まつり」を楽しんでまいりました。
Img_0225_2

新局舎NHK しずおかは局の建物としては4代目になります。

初代は1931年(昭和6年)開設のラジオ放送”JOPK”は、昭和一桁生まれの私が幼稚園から小学校・中・高時代まで柚木にあり、1959年に東海大学に移譲されました。 
ラジオから流れる 「♪、、”ジェーオーピーケイ”しずおかです」 は、今でも耳に焼き付いております。
小高い谷津山に聳えるシンボルの放送塔の鉄塔は
懐かしい。

戦後1954年(昭和29年)追手町、今の静岡市役所葵区役所にあった静岡市公会堂の跡地に県民会館が建ち、この館内に日本放送協会(NHK)
静岡”JOPK”があり、ここまではラジオ放送局でした。

 やがてTV時代となって、1963年に西草深町に建設移転し半世紀余りの長きに亘って親しまれました。

 戦前から戦後こうした変遷を遂げて、2018年3月に静岡市駿河区八幡1丁目に新局舎が開局したのです。

一度行ってみたかったので、秋まつりは絶好のチャンスです。
Img_0232


JR静岡駅南口から歩いて 私の足でも10分足らずにある 新局舎の前では既に大勢の人で賑わい小春日に輝く、”ふわふわジャンボどーもくん”がチビっ子たちの砦となって観覧者をお出迎えです。

館内では、『NHK』2020応援ソング「パプリカ」をおどろう!のステージ、8Kで体感する”ルーブル美術館”などなど 多彩なイベントやスケジュールが満載です。
Img_0230


 既に「ドラマチック・ハイスクール」 NHKしずおか公開生放送が始まっておりました。
日頃TVの画面やラジオの声で親しんでいるアナウンサーやキャスターが目の前に居るのですから親しみながら座席に着きました。

清水区出身のハリウッドザコシショウと県内の高校生との和やかな公開トークバラエティです。
Img_0228


 隣接では、TV放送でお馴染み夕方6時10分からの「たっぷり静岡」のスタジオで、キャスター体験が始まりました。
「あぁ ここがあのスタジオ!」と、実際のスタジオを間近に観察しながら、カシャカシャ撮影も許されました。 
スタッフの説明を聞きながらTVニュースキャスターの体験コーナーでは興味津々の小学生や友人同士が楽しんでいます。

【とくダネ!】
 おや? 屋外ふれあいエリアでは賑わしく人々が駆け出していますよ!
  チコちゃん静岡に現る!
大人気の「チコちゃん」がいると云うのです! すわ! 急げ!
Img_0249

今人気沸騰! 逆切れ「ボーット生きてんじゃねえよ!」の本物のチコちゃんです。

 これは会わずには帰れません。

人波をかき分けかき分け 可愛らしいチコちゃんをカシャカシャ孤軍奮闘の画像をムービープロジェクトしてみました。

チコちゃんに会えたのは、まさにドラマチック! お祭りならではの、 またとない絶好のチャンスでした\(^o^)/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«お街で大道芸